子役から大人の実力派俳優へ…すでに芸歴17年を迎えたヨ・ジングの魅力に迫る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
子役から大人の実力派俳優へ…すでに芸歴17年を迎えたヨ・ジングの魅力に迫る

コラム 2022/8/13 20:30

子役から大人の実力派俳優へ…すでに芸歴17年を迎えたヨ・ジングの魅力に迫る

8月13日に誕生日を迎え、25歳(韓国の数え方では26歳)になった俳優ヨ・ジング。2005年に韓国で公開された映画『Sad Movie サッド・ムービー』でのデビュー以来、すでに芸歴17年。途切れることなくドラマ・映画に出演し、“天才子役”から実力派俳優に華麗にシフトチェンジした。最新主演ドラマ「LINK:ふたりのシンパシー」(ディズニープラス「STAR」にて全話配信中)も好評を呼んだ彼の魅力に迫っていきたい。

ヒューマン・ミステリーかつ、感情共有ファンタジー・ロマンスというジャンルミックス作品「LINK:ふたりのシンパシー」
ヒューマン・ミステリーかつ、感情共有ファンタジー・ロマンスというジャンルミックス作品「LINK:ふたりのシンパシー」[c] 2022 Disney and related entities [c]STUDIO DRAGON CORPORATION

すでに芸歴17年!「太陽を抱く月」など子役時代から評価されてきた演技力

ヨ・ジングは、現在までにカメオ出演を含めると30本近いドラマ、10本以上の映画に出演している。キャリア序盤は、子役としていくつもの主役の少年時代を演じて物語の序盤を支え、特に2012年の時代劇「太陽を抱く月」では、主役、イ・フォン(キム・スヒョン)の少年時代で強烈な印象を残した。このドラマは視聴率40%超えの大ヒットとなったが、その原動力は子ども時代のターンだったと言われており、彼の泣きの演技にもらい泣きする視聴者から、出番が終わってしまうことを惜しむ声が殺到した。

続けて、「太陽を抱く月」と同じくキム・ソヒョンとの共演作で、主役のユチョンの子ども時代を演じた「会いたい」でも、外では心の傷を隠してどこにでもいる中学生のようにふるまい、家では無口で無愛想な二面性を持つ複雑な役柄を丁寧に演じ、せつない恋模様もあいまって視聴者の心をわしづかみにした。

そんなキャリアを築いていくなか、映画『ファイ 悪魔に育てられた少年』(13)でイメージを一変。この作品で、彼は5人の強盗殺人集団に育てられ、殺人と暴力に手を染めるとてつもない残酷な運命を背負った少年を演じているが、その心の動きを見事に昇華する熱演で、数々の新人賞を獲得した。余談だが、この作品は暴力シーンのためにR指定が付き、公開当時ヨ・ジングは自分が出ているにもかかわらず観ることができなかった。

この作品は、ヨ・ジングにとって「大人の俳優への足掛かり」と言われたが、当の本人は、特に意識しなかったそう。「すべての物事には最適な時期がある。自然な流れにまかせるのが一番。“早く子役から抜け出そう”と思ったことはないんです」と、当時のインタビューで語っている。そんな自然体の姿勢こそが、彼が違和感なく大人の俳優へシフトチェンジできた理由だ。


 「王になった男」では王と道化の2役に挑戦
「王になった男」では王と道化の2役に挑戦Yeo Jin Goo(@yeojin9oo)公式Instagramのスクリーンショット

その後も順調にキャリアを積んでいき、19年に「王になった男」で俳優としての評価を一気に上げて飛躍する。本作は、イ・ビョンホン主演の同名映画のドラマ版リメイクで、ヨ・ジングは瓜二つの顔を持つ王と道化の二役を鮮やかに演じ分けた。

道化のハソン役では、はつらつとしたエネルギー溢れる姿、王のイ・ホン役では権力欲が強い反面、命をねらわれているという被害妄想にとらわれた、時に狂気じみた姿で、新たな表情を見せた。イ・ホンの残忍で冷酷な目は、画面越しでもゾッとするほどだった。また、王の姿の2人が対峙するシーンでは、立ち姿や首を動かす角度、目つきなど細かい部分まで神経を注ぎ、“同じ顔を持つ別人”を見事に表現した。

関連作品