トム・クルーズ、F1世界チャンピオンを『トップガン マーヴェリック』パイロット役に配役予定だった!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
トム・クルーズ、F1世界チャンピオンを『トップガン マーヴェリック』パイロット役に配役予定だった!?

セレブリティ 2022/8/18 18:30

トム・クルーズ、F1世界チャンピオンを『トップガン マーヴェリック』パイロット役に配役予定だった!?

7月3日に還暦を迎えたトム・クルーズが、同日にイギリスで行われていたF1グランプリを観戦。トムの友人で、F1史上最多の優勝回数を誇るメルセデスのルイス・ハミルトンを応援していた。またハミルトンの父親や弟と会話する様子が捉えられており、いくらトムとハミルトンが友人とはいえ、驚きの声があがっていたが、トムはハミルトンを役者としてスカウトしていたようだ。

F1参戦初年度の優勝数など数々の記録を保持しているハミルトン
F1参戦初年度の優勝数など数々の記録を保持しているハミルトン[c]SPLASH/AFLO

これはハミルトンが、表紙を飾った「Vanity Fair」9月号のインタビューで明らかにしたもので、「『トップガン』の熱狂的なファンで、続編の話があったら、背後に映り込む清掃員でもなんでもいいから出演したいと思っていた。トムにお願いしたらパイロットの役をオファーしてくれた。でも撮影時期とF1レースの時期が重なってしまって、最後まで納得のいく練習ができないので出演を断念した。僕は完璧主義者だからね。仕方なくトムとジョセフ・コシンスキー監督に断りの電話をしたんだけれど、いままでの人生で最も悲惨な電話だったと思う」と語っている。

トムとハミルトンは、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)の撮影現場にトムが招待したときからの付き合いで、友人関係にあるそう。ハミルトンはこれまでに『ズーランダー NO.2』(16)のカメオ出演や、『カーズ2』(11)、『カーズ/クロスロード』(17)の声優を務めている。将来的に、ハミルトンがトムの映画に出演する可能性は高そうだ。

2人が友人関係となるきっかけとなった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2人が友人関係となるきっかけとなった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』[c]SPLASH/AFLO


またハミルトンは、コシンスキー監督がメガホンを取り、ブラッド・ピットが主演を務めるApple製作のF1を題材にした映画でプロデューサーを務めることも明らかになっている。脚本やピットへのレースの指導も行っているようで、映画界からも熱い視線が注がれているようだ。

文/JUNKO