シンデレラの次はバービー!『バービー』日本語吹替キャストが高畑充希に決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
シンデレラの次はバービー!『バービー』日本語吹替キャストが高畑充希に決定

映画ニュース

シンデレラの次はバービー!『バービー』日本語吹替キャストが高畑充希に決定

世界で最も有名なファッションドール“バービー“の実写映画『バービー』(8月11日公開)。このたび、バービー役の日本語吹替えを高畑充希が担当することが明らかとなった。

【写真を見る】高畑充希がバービー役に決定!兼ねてよりファンを公言していたグレタ・ガーウィグ監督作品への出演に歓喜
【写真を見る】高畑充希がバービー役に決定!兼ねてよりファンを公言していたグレタ・ガーウィグ監督作品への出演に歓喜[c]2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

昨年映画化が発表されると、鮮やかなピンクに彩られた夢の世界と、バービーとケンの姿に大きな注目が集まっていた本作。昨年夏の時点で、セレブの間でバービーにインスパイアされた全身ピンクで着飾ったスタイル“バービーコア”がトレンドになるなど、既に大きな期待が寄せられていた。多くの女性を虜にしてきたバービーを演じるのは、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(20)のマーゴット・ロビー。また、『ラ・ラ・ランド』(17)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリングがケンを演じ、『レディ・バード』(18)でアカデミー監督賞、脚本賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグが監督を務めている。

このたび、洋画の吹替えを務めるのは『シンデレラ』(15)以来2回目となる高畑が主人公のバービーの日本語吹替え声優に決定。ガーウィグ監督が手がけた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(20)についてフェイバリットと公言してきたこともあり、バービー役をオファーされた高畑だが、本国によるオーディションを経て正式にキャスティングが実現。ワーナー・ブラザースの米国本社の担当者は「(ボイステストでの)充希の声は素晴らしく、バービーの雰囲気にぴったりでした。完成した作品を見るのがいまから楽しみです」と大きな期待を寄せており、『シンデレラ』でも高畑を演出した、本作の日本語吹き替え演出担当、鍛治谷功も「8年前と変わらず、静かに役と向きあいつつも一瞬にして役をものにする鋭い感性をお持ちの方だと改めて思いました。不幸なシンデレラからスーパーハッピーなバービーへ思えば真逆の役柄ですが、今回も素晴らしい仕上がりになっていると思います。ちなみに私もグレタ・ガーウィグ監督のファンですが、そこに高畑さんが出演するのは一映画ファンとしてワクワクしますね!」と手応えを明かしている。

また、そんな憧れのガーウィグ監督作品での吹き替えキャストに選ばれた高畑は「子どものころ夢中で遊んでいたバービーを演じることができてすごく心躍りました」と感激のコメントを寄せ、ロビーについては「マーゴットがバービーにしか見えない瞬間がたくさんあって、こんなに“実写化”が似合う方がいるんだなと思いました」と絶賛したうえで、「本作のバービーは、みなさんが想像する、笑顔でキラキラしたイメージに加えて、気持ちが沈んだりダメダメになったり、ある意味でとても人間らしい、いろんな面が現れます」と話す。また、この映画を見ると「素敵なファッションがたくさん登場するので、オシャレをして出かけたくなると思います。心躍り、最後にはなんだか今日生きる力を貰えるような、そんなパワフルな作品です」とアピールした。


公開前にも関わらず、既に世界中から注目を集める本作だが、カラフルなピンクに彩られたバービーランドの世界に、高畑の声はどのように華を添えるのだろうか?本作の公開を楽しみに待ちたい。

作品情報へ

関連作品

  • バービー

    3.8
    4000
    バービーランドで暮らすバービーとケンが人間世界に迷い込み大切なものを見付けるドリームファンタジー
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix Apple TV+