杉咲花主演『52ヘルツのクジラたち』、トランスジェンダー男性の“アンさん”役は志尊淳に決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
杉咲花主演『52ヘルツのクジラたち』、トランスジェンダー男性の“アンさん”役は志尊淳に決定!

映画ニュース

杉咲花主演『52ヘルツのクジラたち』、トランスジェンダー男性の“アンさん”役は志尊淳に決定!

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名ベストセラー小説を、杉咲花主演で映画化する『52ヘルツのクジラたち』の公開日が、2024年3月1日(金)に決定。このたび本作に、志尊淳が出演することが発表された。

『八日目の蝉』(11)や『いのちの停車場』(21)などの成島出監督がメガホンをとった本作。自分の人生を家族に搾取されてきた三島貴瑚は、ある傷を抱えて東京から海辺の街へと移り住む。そこで出会ったのは、母親から虐待を受け「ムシ」と呼ばれる、声を発することのできない少年。その出会いによって、貴瑚のなかで自分を救いだしてくれたアンさんとの日々が呼び起こされていく。

志尊が演じるのは、杉咲演じる貴瑚の声なきSOSを聴いて救いだそうとする“アンさん”こと岡田安吾役。精神的にも肉体的にもギリギリの状態だった貴瑚と出会い、自身も孤独な魂を抱えながら貴瑚の幸せを心から願い行動する、塾講師のトランスジェンダー男性という役どころだ。

「自分がアンさんを演じることで、トランスジェンダーの方々を傷つけるようなことにならないかと最初は不安でしたが、監督の覚悟を聞いて成島組の船に乗りたいと思いました」と語る志尊は、脚本の段階からトランスジェンダーをめぐる表現を監修する若林佑真と共に役柄を作りあげ、真摯に役づくりに向き合ったことを明かしている。


NHKの連続テレビ小説「らんまん」での好演が大きな反響を集め、現在もTBS系ドラマ「フェルマーの料理」で高橋文哉とダブル主演を務めるなど話題作への出演が相次ぐ志尊が、本作ではどんな演技を見せてくれるのか。さらなる続報にも期待しながら、本作の公開を待ちたい。

作品情報へ

関連作品

  • 52ヘルツのクジラたち

    4.2
    1628
    2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を杉咲花主演で映画化したヒューマンドラマ