ジョン・カーペンターが“ブギーマン”を語る!『ハロウィン』場面写真が一挙解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ジョン・カーペンターが“ブギーマン”を語る!『ハロウィン』場面写真が一挙解禁

映画ニュース 2019/1/16 16:00

ジョン・カーペンターが“ブギーマン”を語る!『ハロウィン』場面写真が一挙解禁

全米で昨年10月に公開され、ホラー映画史上歴代2位となるオープニング興収で見事2週連続No. 1を記録した『ハロウィン』が4月に日本上陸。このたび本作の場面写真が解禁され、あわせて“ブギーマン”の生みの親でもあるジョン・カーペンターからのコメントが到着した。

わずか32万5000ドルで製作されながら、当時4700万ドルの興行収入を記録したカーペンター監督の『ハロウィン』(78)は、後世に語り継がれるホラーキャラクター“ブギーマン”の存在と、恐怖を煽る象徴的な音楽で世界中を震撼させ、その後何作もの続編やリメイクが製作されるなど、以降のホラー映画に多大な影響を残した。

それから約40年の時を経た本作でカーペンターは製作総指揮と劇中音楽を担当。40年前に“ブギーマン”と名付けられた殺人鬼マイケル・マイヤーズの凄惨な事件の真相を追う2人のジャーナリストは、事件の生き残りであるローリー・ストロードにインタビューを敢行。ローリーはマイケルが再び目の前に現れることを恐れながら暮らしていた。そしてハロウィンの前夜、マイケルは精神病棟から脱走し、再び街に解き放たれるのだった…。

このたび解禁された場面写真は5点。シリーズの前作にあたる『ハロウィン・レザレクション』(02)以来16年ぶりにローリーを演じるジェイミー・リー・カーティスの姿をはじめ、襲いくるブギーマンの魔の手から必死に逃れようとする人々の姿が映し出されている。そして、ドアから不気味に顔を覗かせる神出鬼没のブギーマンの姿も…。

本日1月16日に71歳の誕生日を迎えたカーペンターは、こう語る。「ブギーマンは邪悪な力、そして恐怖の化身だ。彼は冷酷で、神への祈りは通用しない。彼の目的はシンプルだ。人を殺すことだけ。彼はただ、やって来る。そして人は逃げるしかない」。はたして本作ではどんな恐怖体験が待っているのか…。覚悟を持って劇場に足を運んでほしい!

文/久保田 和馬


マスクの奥に隠された、“進化した恐怖”の正体を暴け!『ハロウィン KILLS』特集
【PR】

関連作品