第85回アカデミー外国語映画賞はミヒャエル・ハネケ監督『愛、アムール』!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
第85回アカデミー外国語映画賞はミヒャエル・ハネケ監督『愛、アムール』!

映画ニュース

第85回アカデミー外国語映画賞はミヒャエル・ハネケ監督『愛、アムール』!

現地時間2月24日(日本時間25日)に開催中の第85回アカデミー賞授賞式で、外国語映画賞はオーストリアからミヒャエル・ハネケ監督の『愛、アムール』(3月9日公開)に決定した。

『白いリボン』(09)では、第62回カンヌ国際映画祭でパルムドールと第67回ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞したが、アカデミー賞は逃しているハネケ監督。今回、念願のオスカー像を手にした。

本作は、病によって体が不自由になった妻アン(エマニュエル・リヴァ)と、彼女を献身的に支える夫ジョージ(ジャン=ルイ・トランティニャン)の静かな老境と、その愛の行く末を描く感動の物語。重厚な演出で、愛の美しさ、悲しみを見事に表現しており、第65回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを獲得、第70回ゴールデングローブ賞でも外国語映画賞を制するなど、各国の映画祭を席巻してきた。

プレゼンターはジェシカ・チャスティンとジェニファー・ガーナー。ハネケ監督は、スタッフ、プロデューサーに感謝を述べた後、感慨深い表情でこうスピーチした。「妻にも感謝したい。妻もスタッフに参加していて、30年間を私と過ごしてくれています。私の生活の中心です。そして主役のふたり。彼らがいなかったら、私は今ここにいません」。

主演のエマニュエル・リヴァは本日86歳の誕生日を迎えたとあって、オスカー獲得はまさに最高のプレゼントとなった。なお本作は、この後発表される第85回アカデミー作品賞にもノミネートされており、その行方にも注目が集まる。【Movie Walker/成田おり枝】

関連作品

  • 愛、アムール

    4.0
    0
    ハネケ監督が妻が病で突然倒れた老夫婦の日常の変化を繊細に描き出す
    Amazon Prime Video