渋谷すばる「愛想がない」のダメ出しに謝罪|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
渋谷すばる「愛想がない」のダメ出しに謝罪

映画ニュース 2015/2/14 13:40

渋谷すばる「愛想がない」のダメ出しに謝罪

関ジャニ∞の渋谷すばるの単独初主演の青春映画『味園ユニバース』の初日舞台挨拶が、2月14日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。主演の渋谷、共演の二階堂ふみ、鈴木紗理奈、山下敦弘監督が舞台挨拶に登壇。

自分のダメなところについて質問された渋谷は「わからなくて。マネージャーに聞いたら『愛想がない』と言われました」と言うと、会場は大爆笑。渋谷は「『決定的に足りてない』と言われたので『ごめん!』と言いました」と苦笑い。

渋谷は「初めて主演映画をやらせてもらって、いろいろとつながっていった。音楽映画っていうことも大きかったです」と緊張しながらコメント。二階堂は「身が引き締まる思いでした」と告白。

大阪弁のセリフに苦労したという二階堂は、渋谷がツナ卵とじ丼を食べるシーンで何テイクも撮り直しとなったことについて「本当に申し訳なかったです」と謝罪。山下監督は「けっこう食べたよね?」と渋谷に言うと、彼は「おいしかったです」と優しく二階堂をフォローした。

『味園ユニバース』は、大阪を舞台に歌うこと以外すべての記憶を失った男・茂雄(渋谷すばる)と、彼を取り巻く人々の日常が描かれる。山下監督は「監督の仕事の8割はキャスティング。自分の好きな面白い人をいかにキャスティングするかです」とキャスト陣を賞賛。渋谷については「正論しか言わない人、正しいことしか言わない人」と表現し「渋谷くんに引っ張ってもらい、(主人公の)キャラクターも変わっていった」と彼を称えた。

鈴木は渋谷と二階堂を「不器用」といじり、会場は爆笑。その後、渋谷について「すごいオーラがある。味わい深く、奥の深い男前」と絶賛。二階堂についても「私服は、スカジャンとかを着ている、かなりロックでパンク少女。2人共、『味園ユニバース』に出るべくして出た2人」と語った。舞台挨拶では、フォトセッションの後、渋谷が劇中の「古い日記」を熱唱し、大盛況のまま幕を閉じた。【取材・文/山崎伸子】

関連作品

  • 味園ユニバース

    3.5
    7
    関ジャニ∞渋谷すばる主演、歌うこと以外の記憶を失った男の姿を描く人間ドラマ