龍拳:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
龍拳
龍拳

龍拳

1982年2月20日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

恩師の仇討ちに出た若者が「龍拳」を駆使して村民を苦しめる悪玉一家を倒す姿を描くクンフー映画。製作・監督はロー・ウェイ、脚本はウォン・チュン・ピン、撮影はチェン・ユン・シューが各々担当。出演はジャッキー・チェン、ノラ・ミャオなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「唐山武館」の道場主であるサンタイは、武闘大会で名誉ある“武林至尊”を勝ちとるが、祝賀会場に遅れてやって来たチュンが、大会が終ったのにもかかわらず挑戦状を叩きつけサンタイを打ち負かした。“武林至尊”のタイトルを奪ったチュンは、さらに「唐山武館」の看板を叩き壊し去り、失意の末サンタイは死んだ。残された愛弟子のタン(ジャッキー・チェン)は、サンタイの妻と娘のランと共にチュンヘの復響を誓う。チュンは、彼の妻とサンタイの昔の情事をずっと怨み続けており、今回の無謀な行動もそのためのものだった。3年の猛修業の末、タンはチュンの道場を訪れた。しかし快くタンらを迎えたチュンは、今はサンタイを殺したことを詫び、「唐山武館」の金看板を新たに未亡人に贈った。「龍拳」という必殺拳をもつクンフーの達人になっていたタンに、そのころ地方の悪名高い一家の魔の手がのびていた。そのボス、ウェイは、村民を苦しめ悪業の限りを尽くしており、人々はチュンに助けを求めるが、悪業の証拠をつかむことができずチュンも手が出せない。そんなころ、ウェイの子分の一人が殺人を犯している現場を村人に目撃されるが、ウェイは、その子分を殺し、殺人をチュン一家の仕業に見せかけた。チュン攻撃にタンもまきこみ、ウェイは思いどおりチュン一門を全滅させた。しかし、すべての企みがウェイによるものであったことが明らかにされ、タンは、はじめて怒りの鉄拳をウェイ一門に向ける。サンタイ未亡人を人質にとるウェイ。絶対絶命のタンの前で、末亡人は舌をかんで自らの命を絶った。タンは渾身の力をふりしぼり、必殺拳「龍拳」を使いウェイ一家を壊滅させるのであった。

作品データ

原題
龍拳
製作年
1978年
製作国
香港
配給
東映
上映時間
90分
製作会社
ロー・ウェイ・カンパニー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?