ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

2012年4月28日公開,125分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アラフォー女子の奮闘を描き、第84回アカデミー賞でメリッサ・マッカーシーが助演女優賞、そして脚本賞と2部門でノミネートの快挙となったコメディ。なにをやってもダメなヒロインと花嫁介添人たちの身にふりかかるトラブルの数々を描く。脚本と主演を務めるのは、『サタデー・ナイト・ライブ』などで人気のクリステン・ウィグ。

予告編・関連動画

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

仕事も恋愛もなにもかもダメで、人生どん詰まり気味のアニー。唯一の心の拠りどころだった親友も婚約してしまい、さらに花嫁介添人(ブライズメイズ)のまとめ役をするはめに。アニーはなんとか奮闘するものの、問題ありげな介添人に囲まれ、最悪のトラブルが起きてしまう。状況はさらに悪化、長年の友情にもヒビが入ってしまう。

作品データ

原題
Bridesmaids
映倫区分
R15+
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
東京テアトル
上映時間
125分

[c]2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2012/5/22

    全米で「セックス・アンド・ザ・シティ」を抜いて大ヒットとあったが、ちょっとこちらは下品かな!?
    派手さも劣る。
    コメディ的要素はあるから面白いんだけど........................。。。。
    何をやっても裏目に出ちゃうアニーが、介添人をまとめるメイド・オブ・オナーを頼まれるもその存在も危ぶまれるライバルが出現で大人げない行動に!!

    リリアンもリリアンだけどね。
    ヘレンは金持ちでいろいろしてくれるかもしれないけど、本当の友達は???
    アニーはホントはいい人なのにっていう演出が、いまいち薄い。

    それにしても介添人って大変よね~~ぇ。
    いい風習と言えばそうかもしれないけど、人によってはこれやってノイローゼ気味になっちゃうっていうのもわかる気がする。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ma_maru

    3.0
    2012/5/16

    女性版ハングオーバーを期待して観た口の一人です。

    親友の結婚式の花嫁介添人を引き受けた主人公は、様々な困難を得て、式当日まで無事に役目を果たすことができるのだろうか?という波乱万丈のコメディ。

    序盤は素晴らしかった。
    しょっぱな下ネタ連発、女同士の敵対する感情がほとばしる熱量と、その苛立ちを車の運転中にまで持ち込んで警察にまで止められるところまでは爆笑の連続でした。

    ところが、中盤から後半にかけての失速感は否めない。

    何が失速させたのか。

    それは、女の友情というところが着地点であったところだろうか。

    たしかに、おばか連発だけで終わったら空しいかもしれないけど、ご都合な友情も鼻白む。

    とはいえ、序盤の勢いの凄さは本当に半端ない。
    この激しさで最後まで突っ走ってくれたら、、、と思うと、
    惜しい気持ちになる。

    しかし、終わってみれば、みんな笑顔。
    本来の結婚式はそれが一番いい。
    嫌な感じを残さず終わる。意外と大事な点なのかもしれない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/5/7

    カミさんのお供で観賞。女性版ハングオーバーとの前評に期待していたのですが・・・意外に“あっさりしてる”という印象です。
    カミさんはご満悦で「最高に面白い!それだよって、どストライクの連続だわ。女で無いと分からないだろうなぁって部分が山盛りヨ」という太鼓判です。
    物理的な乱痴気騒ぎや、ぶっ壊しや、爆裂トークは少ないですが、女性のハートをガッチリ掴むコメディ怪作のようです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2012/5/4

    あはは。
    女って陰険だなぁ。
    怖い。怖い。
    お酒が回るとぶっ飛ぶし、ドレスに式場にと、結婚はやはり花嫁が主役なんですよね。
    花嫁といい、ブライズメイズといい、A級女優にはやや美貌は落ちる、その普通さが観客にうけた!?
    集団食中毒とか本人たちは悲惨だけど、周りからみればすまない、笑ってしまう。
    ドタバタだけかと思いきや、アニーの人生事情はほろりとさせる。なぜ、倒産してしまったのか、もうちょっと織り込んでも良かったな。だってカップケーキ、とっても美味しそうだったから。アメリカ人ってカップケーキ好きだよなぁ。ちょっと古臭いウエディングでしたが、楽しければ良し。友情が深まれば良し。終わりよければすべて良し!

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/4/29

    女性版『ハングオーバー』・・は、正しく・・と言う感じ。
    かなり下品だし。
    女優さんたち、体当たりねぇ。

    メリッサ・マッカーシーがアカデミー賞助演女優賞ノミネートも納得の凄い演技だわ。

    まぁ、男性人には女性の実態が見えすぎてショッキングかもよ?

    比べる相手が最低すぎるのを差し引いても、あのお巡りさん魅力的だなぁ。
    ああ言う人と出会う機会って無いかしらねぇ。真っ直ぐで癒し系。好きよ。
    『パイレーツロック』のサイモンか~納得。とことん美女に利用されるタイプね。

    ヘレン役のローズ・バーンも『TROY』の頃に比べたら、素敵になったわ。
    あの頃は垢抜けなくて2作続けて、ダイアン・クルーガーの引き立て役立ったけど、頑張っていて嬉しい。
    まぁ、悪気は無いのにリッチ過ぎて金に糸目をかけずにやり過ぎで、女友達出来ないのも頷ける役だけど。

    主人公のアニーは本当にドンくさくて、何もかもが裏目に出て、そりゃあ愛想も尽かされるだろうけど、彼女の場合、本当に切実に人生のドン底なのよね。
    お金持ちに対するコンプレックスは、あの最低男にしがみついている必死さを見たら伺える。

    前半は、ここまでやる必要が・・?と言うくらい騒然としていてまとまらなくて苦笑い・・なんだけど、ラストに向けて上手くまとめて行く辺りも、情勢版『ハングオーバー』の名に恥じない出来ね。

    自分の好みを知り尽くし、大好きなもの、大事にしているものをふんだんに取り入れて手作りでもてなしてくれる喧嘩しても仲直りできる友人と、金に糸目をつけず大好きなバンドまで招待してパーフェクトな演出をしてくれるちょっとずれているけど善人な友人と、どっちが良いですか?




    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告