ふがいない僕は空を見た|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ふがいない僕は空を見た

2012年11月17日公開,142分
R18+
  • 上映館を探す

第24回山本周五郎賞に輝いた窪美澄の同名小説を、永山絢斗&田畑智子主演で映画化。アニメの同人誌販売イベントで出会った男子高校生と、コスプレが趣味の主婦との関係を大胆な性愛描写とともに描き出す衝撃作。メガホンを握るのは、『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞に輝くなど話題を呼んだ女流監督タナダユキ。

予告編・関連動画

ふがいない僕は空を見た

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校生の卓巳は、友人に誘われて行ったアニメの同人誌販売イベントで出会ったアニメ好きの主婦・里美と情事を重ねる日々を過ごしている。だがある日、同級生の七菜に告白され、里美と別れる事に。その後、ショッピングセンターで偶然、2人は再会。体を重ね、卓巳は里美の事が心から好きだと実感するも、別れを告げられてしまう。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
142分

[c]2012「ふがいない僕は空を見た」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • たっかん

    3
    2014/6/7

    冒頭、コスプレ男女のセックスシーンから始まるこの映画、最初は戸惑うが、徐々にそこに至る経緯が描かれるので、あとから「あぁ、そういう流れだったんだ」を判る構成はまずまずの出来。

    田畑智子はバストトップを見せることに躊躇せず、偉い! 熱演である。

    しかし、それ以上に、助産婦役の原田美枝子が見事な存在感を醸し出していて、素晴らしい。(個人的に、原田美枝子は2年ぐらい前、「俳優 原田美枝子」なる本が出た時のサイン会でサインと握手もしていただいたので、大好きである。歳は違うが、誕生日も一緒だし…親近感わく「女優」ではなく「俳優」である。)

    物語は、いくつかの話が並行して進むので、やや散漫な印象。残念。

    しかし、今の時代、すぐにネット拡散してしまう情報網が恐ろしい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • わーい

    4
    2014/4/26

    感情移入で映画のよさが決まるわけではないけど、立場的問題なのか経験や人間の深さの差か、それぞれが考えていることがいまいちしっかり掴めなくてもやもやした。特に主人公の男友達とか。全部掴みきろうキャラクターを色分けしようというのは確かに愚だけども…原作を読みたくなったかな、それからもっかい見たい作品であります。でも引き込まれる部分は多々ありまして、もう一回見てちゃんと消化したいです。深い部分が一度だけでは掴みきれなかった。
    それにしても田畑智子やわらかい声可愛いいい、と思いながらセックスシーンをみてました笑

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • kiona

    2
    2013/4/14

    これ, なぜか珍しく原作を読もうと思ってた。けっきょく読まなかったけど^ ^ 映画化されて, 長めとは言え2時間ちょっとで一通りの内容が知れて, それはそれでいい。しかし感想としては, 言われているほど赤裸裸でもなく, やや説教くさく, 登場人物の誰にも感情移入できず, 常識的に共感する部分もあるが, 陰気な日本的世間だけがじっとり重く, 最後の“お前, やっかいなものくっつけて生まれてきたなあ”のセリフだけ少し笑って爽やかに見終えられたのは, タナダユキ監督のセンスだろう。

    日本映画なんで, 当然, 日本に必要な情報があるのだろうが, 自分に必要なものはなく, もっとも不快度が高まったのは, 映像流出後しばらくの引きこもりがあって, それでも学校に戻ってくるタクミ。"ムラマサさま~”とからかわれて, どうするのかと思えば, 引きつった笑顔で応戦する。これが気に入らなかった。殴りかかって行けということではないが, そういう処世術を学んだだけか, という気がした。

    タクミの友だちの福田君にしても, マインドがバラバラなのは環境ゆえしかたないとしても, それを統合して方向づけるものが大学受験しかないというところに, 何とも言えない閉塞感を感じた。

    タクミの母である助産婦も, ふがいない夫に金を渡し, 極貧の福田君に弁当を届けたりする。どうしようもない男どもを裏から支えるのは日本的母性という原作者の頭にある構図が見え隠れし, 命が大切と説きながら, その命が輝く瞬間を語れない。

    不妊に悩む夫婦というわかりやすい設定を置き, 当人同士の問題解決の姿勢以前に, 孫を心待ちにする姑からの干渉を描くのは一昔前の昼メロのようだ。"悪いのは私だけ?”との不満を姑には直接ぶつけず, コスプレも逃避の手段にすぎす, 最後は治療のためにアメリカに行くという。そういう展開はどうでもいいが, マンションのドアに“ど変態コスプレ主婦”と落書きされているのをそのままにして去るのも気に食わない。それは業者がやるからとか, 書いた奴のせい, とかはどうでもいい。きっちり後始末して行け。それは自分の手でやれ。

    かなり合わない原作だったのに何を間違えて読もうと思ったのか, とにかく時間が節約できて助かったよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告