進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

2015年9月19日公開,88分
PG12
  • 上映館を探す

巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝き、アニメ化もされた諫山創の人気コミック「進撃の巨人」。その実写映画版2部作の後編。居住区の周りに巨大な壁を築き、つかの間の平和を手に入れた人々の前に、突如、壁を超える大きさの巨人が出現したことから、人々に訪れる変化を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

超大型巨人に破壊された壁を修復するため、街から出たエレンたちは巨人の急襲に遭う。一度は調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによって窮地を脱するが、巨人は侵攻の手を緩めようとしない。そんな中、エレンは仲間のアルミンをかばって巨人に飲み込まれてしまう。だが、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人たちを駆逐していく。

スタッフ

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
88分

[c]2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 [c]諫山創/講談社 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.5
  • 6inc

    2
    2015/11/23

    前編での興奮満足度がMAXだったので、後編の期待が計り知れないまま劇場へ行きましたが、う~ん。。。映像は凄いが、何でもありのマシマシ感でちょっと飽きてきました。寄生獣の時も似たような感じだったかな。。。そして続編がありそうな終わり方。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    2
    2015/10/14

    随分と後編は短いのね…^^;なんて思ってしまった、やっぱり感。
    内容はガラリと変わり(って巨人があまり出てこないからだけど)
    あの気持ち悪い描写が堪らなかった自分には幾分観易かった。が、
    まぁ、ベラベラクドクドと語る語る!長いんだよな~、説明が!
    今作の前にピクセルなんていう、楽しく下らない作品を鑑賞した
    ものだから余計にこの作品のクドさが身に沁みてしまった。うー。
    前作未観、或いは忘れている人向けにあらすじを盛り込んだ冒頭
    から続きは始まり、エレンが飲み込まれた後登場したあの巨人は
    一体なんなのか、そもそも巨人はどうやって誕生したのか、軍部
    との関係は、など一応キレ~イに説明が為されるので謎は解ける。
    特にスッキリ!はしないが、あぁそういうことね。と、原作とは
    どこがどう違うのか分からないけど、自分の中では終了した感覚。
    巨人に喰われてしまった人々のことを考えると不憫でならないが、
    これで人類が平和になるわけでもない結末など不安だらけの印象。
    何かこういう救いのない話が(今のご時世分かるけど)増えたなぁ。
    戦い方などやっていることは変わらないので観辛くはなかったが、
    某TV番宣で特撮チームが嬉々として今作を製作する現場を見た。
    あーこの場面はそうだったのか~など裏構成を見た方が楽しめる
    という、なんだかオマケ映像にて本作を理解する番外感は奇妙だ。

    (巨人メイクとか面白かったわ。あーこの人がこの巨人やったのね)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • てんちゃん

    3
    2015/10/12

    お試し版で一話だけ読んだ事があるが、原作とは別物、という前評判を聞いていたので、あえて原作は読まずに鑑賞しました!

    マトリックスやん‥。

    「エンドオブザワールド」の歌は懐かしく、こういう歌詞だったのね~と新鮮でしたが、実は前編を観ていないので、イマイチ感情移入ができず、うーん。
    三浦春馬くんは演技は下手ではないと思ってたけど、この映画での演技は、ちょっとわざとらしくて、カッコ良くもなくて(役柄上それでいいのですが)、ちょっと残念でした。

    でも、壁のリアリティーや、巨人の成り立ちの切なさ、に敬意を表し、星3つ、まあまあです♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告