時計じかけのオレンジ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

時計じかけのオレンジ

1972年4月29日公開,136分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人々は生活を賭けた労働から解放され、衣食住の心配をすることがなくなった世の中。15歳のアレックス少年は、機械的に規則正しく過ぎてゆく毎日に退屈していた。完全に管理された未来社会で、あまりあるエネルギーをもてあそぶティーン・エイジャーの理由なき反抗を描く。製作・脚本・監督は「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック、原作は1962年に発表されたアンソニー・バージェスの同名小説。撮影はジョン・オルコット、音楽はウォルター・カーロス、編集はビル・バトラー、美術はラッセル・ハッグ、ピーター・シールズが各々担当。出演は「if もしも…」のマルコム・マクドウェル、パトリック・マギー、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、マッジ・ライアンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンドンの都市。秩序は乱れ、治安状態は悪化し、性道徳は退廃の極にあった。そして町には夜な夜な少年ギャングの群れが横行していた。これは、そんな少年のひとり、〈強姦と超暴力とベートーベン〉だけに生きがいを求めるアレックスの物語である。15歳のアレックス(マルコム・マクドウェル)を首領とするディム(ウォーレン・クラーク)とジョージー(ジェームズ・マーカス)の一味は、その夜も街で暴れ廻っていた。まず手始めとして、酒ビン片手に橋の下で酔いつぶれている1人の老いた浮浪者を、ステッキやコン棒で殴ったり蹴ったりして袋だたきにした。暴虐の限りをつくして爽快になったアレックスたちは、別の獲物を求めて去ってゆく。荒れはてたカジノの舞台では、ライバルの非行少年グループの一団が、1人の女性の衣服をはぎとり暴行しようとしていた。そこへアレックス一味が殴り込みをかけ、大乱闘のあげく、敵の首領に傷を負わせた。さらにアレックス一味は、スポーツカーを駆って突っ走る。やがて郊外の邸宅にやってきた彼らは、覆面をつけて、ずかずかと押し入り、暴力活動を開始した。主人の作家アレクサンダー(パトリック・マギー)の眼の前で奥さんの衣服を切り裂き、凌辱に及んだ。こうして一晩は終わり、アレックスは大好きなベートーベンの第九交響曲を聴きながら幸福な眠りにつくのだった。そんなある日、ささいなことから部下のディムとジョージーが反抗した。彼らは、猫をいっぱい飼っている老婆の家に押し入った時、アレックスを裏切り警察に売ってしまった。刑務所でのアレックスは、聖書を読む模範囚であった。その頃、政府は凶悪な犯罪者の人格を人工的に改造する治療法を行なうことになっていた。アレックスはその第1号に選ばれたのだ。それは特殊な覚醒剤を注射した上で衝撃的なフィルムを見せ、そのショックから生理的に暴力やセックスが耐えられないような肉体に改造するといった方法だった。連日にわたる治療の結果を公開実験するショウの日がやってきた。アレックスが舞台に上ると、1人の男が彼に乱暴を働いた。殴り返そうとしたアレックスに吐き気がもよおした。セックスに対しても、その上、音楽を聴いただけでも同様に激しい吐き気が襲った。おとなしい、無害な人間に変わった彼は釈放された。家に帰ると、かつて彼が使っていた部屋にはジョーという得体の知れない男が入りこんでいたため、家を出るしかなかった。町をさまよっていると2人の警官に捕まった。その2人は、昔、アレックスを裏切ったディムとジョージーだった。アレックスに恨みを持つ2人は、アレックスを森の中に連れ込み、暴行した。その夜、瀕死のアレックスは、一軒の家にたどり着いた。それは、昔アレックス一味に乱暴されたアレクサンダーの家だったのだ。彼はあのいまわしい事件のため妻は自殺し、自分も半身不随となってしまった。アレクサンダーは一計を案じ、自分が属している反政府運動の道具に彼を使おうというのだ。翌朝、部屋に閉じ込められたアレックスは第九交響曲の響きで目をさました。彼は拒絶反応で狂い、窓から飛びおりる。アレクサンダーの狙いは、アレックスを自殺に追いやり、私的な報復を果たすと同時に、人格矯正法という非人間的な行為を行なった政府を攻撃して失脚させることだった。しかし、アレックスは一命を取りとめ、アレクサンダーは逮捕された。失脚を恐れた内務大臣(アンソニー・シャープ)は、アレックスを元どおりの人間に戻すと発表した。やがてアレックスは、セックスとベートーベンの第九交響曲に再び歓びを見い出した。

作品データ

原題
Clockwork Orange
映倫区分
R18+
製作年
1971年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー
上映時間
136分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みーこ。

    3.0
    2020/7/11

    午前十時の映画祭

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2019/10/6

     日本初公開は1972年、私が初めて鑑賞したのは1978年の当時、銀座にあった名画座でした。中学生だった私は、その魅力的なポスターにつられて、内容もよくわからないまま鑑賞したのですが、そのスタイリッシュで、刺激にあふれたこの近未来映画の虜になってしまい、その週だけで3回観に行ったことを覚えています。

     数多い刺激の中でも、やはり「暴力」と「クラッシック音楽」の融合に何よりも感銘を受けて、この映画がきっかけで、それまで興味が全くなかった「クラッシク音楽」を聞くようになりました。若者がそのエネルギーの発散にロックやパンクを聞くように・・・。特にベートーヴェンにハマってました。

     主人公のアレックスを演じたマルコム・マクドウェルは、決して誰もが知っている有名俳優ではありませんが、この映画一本で、決して忘れることのできない役者になりました。彼の演技で特に好きな場面は、最後の入院先のベッドのシーンで、見舞いに来た内務大臣に食事介助をしてもらうときに、鯉のように口を開けるシーンです。

     また、この映画で描かれている近未来は、その後、殆どが現実になっていることもすごいです!(若者の犯罪が凶悪化、若者が老人の浮浪者をリンチ、若者のグループによる性犯罪の増加、家族間の無関心化、マイクロカセットテープなどなど)

     とにかく、私的には、死ぬまで定期的に観る大好きな映画の一本であることに間違いありません!!!

     書き忘れましたが、今回は午前十時の映画祭10(ファイナル)にて鑑賞しました。

     

    違反報告
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/7/9

    先に「フルメタル・ジャケット」に見て衝撃を受けたので見てみたかった作品。カルト映画的な口コミが多かったので覚悟して見たのですが過激さはそれ程感じなかった。今はもっと直接的な表現をしている物がたくさんあるのでどちらかというと芸術作品の様な映画。
    有名な「雨に唄えば」のシーンは確かに印象的だし劇中に流れるクラシックの使い方もすごいと思う。敵対グループとの喧嘩シーンはミュージカルの様だ。国の政策に一人の不良少年が絡んでいくとか彼の家庭環境とか妙にリアルなストーリーは面白い。
    終わり方も含みを持たせてこの先が不安だらけの予感しかしないのは「フルメタル~」に通じるものがあるように感じた。見る人を選ぶ作品だが不思議な感じがする映画だった。

    違反報告