教誨師|MOVIE WALKER PRESS
MENU

教誨師

2018年10月6日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2018年に急逝した大杉蓮が初プロデュースした最後の主演作。6人の死刑囚と面会する教誨師の佐伯。死刑囚たちは彼に真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。佐伯は彼らに寄り添いながらも葛藤し、自らの人生と向き合っていく。出演は、「羊と鋼の森」の光石研、「祈りの幕が下りる時」の烏丸せつこ、「クソ野郎と美しき世界」の古舘寛治、劇団柿喰う客の玉置玲央、「インスタント沼」の五頭岳夫、「まだ楽園」の小川登。監督は、「ランニング・オブ・エンプティ」の佐向大。

予告編・関連動画

教誨師

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く教誨師。牧師の佐伯(大杉蓮)は、半年前に死刑囚専門の教誨師として着任した。彼は年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚と面会する。自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)、おしゃべりな関西の中年女・野口(烏丸せつこ)、お人よしのホームレス・進藤(五頭岳夫)、家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)。独房で孤独な生活を送る彼らのなかには、よき理解者であり、格好の話し相手である教誨師に対し、真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始したり、罪を他人のせいにする者もいる。一方、佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが安らかに最期を迎えられるよう導くことが正しいのか苦悩する。そして彼もまた、その葛藤を通して忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
マーメイドフィルム=コピアポア・フィルム
上映時間
114分

[c]「教誨師」members [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    McCOY

    5.0
    2020/3/21

    だいぶ前にWOWOWで録画していたのを、ようやく視聴しました。

    死刑制度には関心があり、関連する本も少しは読んでます。そこに登場する教誨師たちは概ね人格者で悟りきっているようなイメージが強かったんですが、本作の佐伯さんは少し違う。着任してまだ半年、自分自身が葛藤を抱えており、個性強すぎな死刑囚たちにいいように振り回され、時には感情的になったりしてしまう。でも、悟った宗教家が人を救っていくだけじゃ話にはならないわけで、これは一人の教誨師が今後活動していくきっかけをつかむまでの物語なのだと思いました。

    主演の大杉漣さんはもちろん、死刑囚を演じる役者さんたちが6人6様で素晴らしい。ほぼ全編が教誨室のシーンですが、すべての対話に聴き入ってしまいます。一見それほどの悪人に見えない、こんな人たちが極刑に値する罪を犯してしまったんだと、悲劇の本質を目の当たりにしたような気持ちにさせられます。

    最後の最後、ひらがなの遺言に愕然。考えさせられるラストでした。観てよかった。

    違反報告