銃|MOVIE WALKER PRESS
MENU

2018年11月17日公開,97分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川賞作家・中村文則のデビュー作を若手実力派の村上虹郎主演で映画化したサスペンス。ある日、銃を拾ったことから、運命を狂わせていく大学生の姿を描く。『百円の恋』の武正晴監督が、モノクロの映像(一部カラー)で原作の独特な世界観を壊すことなく映像化。第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で監督賞に輝いた。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学生のトオルは雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、アパートに持ち帰る。以来、銃は彼にとってかけがえのない宝物のような存在となり、精神的な変化ももたらしていく。銃をカバンに入れて持ち歩くことでさらなる高揚を求めるトオルの前にある日、ひとりの刑事が現れる。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2018年
製作国
日本
配給
KATSU-do=太秦
上映時間
97分

[c]吉本興業 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/11/24

    吉本興業の作品なんだけど、お笑いじゃない。
    少し若く荒いフィルムながらも、ヒリヒリする緊張感が素晴らしい出来でした。
    銃を拾った青年が、どんな心理状態になっていくのか……
    心が壊れていく姿を淡々と描いていて、怖いくらいでした。
    ラストは、納得。

    違反報告