虎の流儀 ~激突! 燃える嵐の関門編~:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
虎の流儀 ~激突! 燃える嵐の関門編~
虎の流儀 ~激突! 燃える嵐の関門編~

虎の流儀 ~激突! 燃える嵐の関門編~

2022年9月30日公開,110分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

原田龍二が演じる義理人情に厚いヤクザの主人公・車田清(くるまだきよし)が、弱きを助け強きをくじく、痛快任侠映画のシリーズ第2作目。他人様のやっかいごとを解決するべく全国を行脚する清は、怒りが沸点に達すると、“虎”のごとく暴れまわる堅物で昭和な男。2作目では、北九州・下関を舞台に、海の埋め立てによる空港建設をめぐり、地元の漁師や代議士ら一般人(カタギ)をも巻き込んだ紛争に立ち向かう。終盤の爆破シーンやカーアクションも大きな見どころ。第1作目の東海死闘編に続き、川野太郎、つまみ枝豆、薬師寺保栄、渡辺裕之らが出演。ヒロインには、森脇英理子。その他、木下隆行、はいだしょうこ、東根作寿英、宮川一朗太、石倉三郎、六平直政、平野貴大、さらにせんだみつお、楽しんご、といった個性的な俳優が暴れ回る。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

岐阜の10人切りで有名になり、名古屋の待田組にいられなくなった車田清(原田龍二)は、所払いで今度は北九州へと向かう。代々地元の船や漁師たちを護ってきた名門、富岡一家の親分(石倉三郎)の下で世話になることに。一見平和な港町であったが、実は裏で南豊不動産開発社長の青木(宮川一朗太)が、地元の代議士秘書の木佐貫(東根作寿英)を利用し、富岡一家が守ってきた漁港を埋め立てて空港を建設するという計画を企てていた。それを知った清に怒りの炎が燃えるのだった……!

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ユナイテッドエンタテインメント
上映時間
110分
製作会社
ソリッドフィーチャー

[c]2022「虎の流儀」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?