福山雅治が『新解釈・三國志』の主題歌を書き下ろし!豪華キャストそろい踏みの最新予告も解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/8 5:00

福山雅治が『新解釈・三國志』の主題歌を書き下ろし!豪華キャストそろい踏みの最新予告も解禁

『今日から俺は!!劇場版』(20)の福田雄一監督と大泉洋が初タッグを組んだ歴史エンターテインメント『新解釈・三國志』(12月11日公開)の主題歌が福山雅治の「革命」に決定。あわせて、本作に出演する豪華キャスト陣そろい踏みの最新予告映像が公開された。

大泉洋主演『新解釈・三國志』の主題歌を福山雅治が書き下ろし!
大泉洋主演『新解釈・三國志』の主題歌を福山雅治が書き下ろし![c]2020「新解釈・三國志」製作委員会

中国の有名な歴史書物「三國志」を題材にした本作には、蜀を率いる劉備役の大泉のほか、ムロツヨシ、山田孝之、城田優、佐藤二朗、賀来賢人、岡田健史、橋本環奈、山本美月、岩田剛典、小栗旬、西田敏行といったそうそうたる顔ぶれが並ぶ。中華統一を巡り魏・呉・蜀の三国が群雄割拠していた時代を舞台に、“魏軍80万” VS “蜀と呉の連合軍3万”という圧倒的兵力差が激突する”赤壁の戦い”が福田監督流の新たな解釈で描かれる。

本作のために主題歌「革命」を書き下ろした福山は、「『カッコいい楽曲を!』とのオファーをいただいたので、曲調はアップテンポのロックサウンド。歌詞では『さあ風となれ。私よいま、私に革命を起こせ。私だけが、私を変えられるのだと』と、『三國志』の世界観に触発され、いつになく熱い言葉が生まれてきました。『新解釈・三國志』における“男たちの熱い部分”を勝手ながら担当させていただいたと思っております」とコメント。

また同曲を使用した最新予告映像には、これまでに出演が明かされてきたキャスト陣が総出演。壮大なセットやロケーションのなか迫力満点のアクションが披露され、いよいよ壮絶な覇権争いが始まるのかと思いきや「負けるでしょうよ」とぼやく劉備と、戦で大切なことは「ネバギバ☆」と答える、ゆる~い孔明(ムロ)の姿も。まさに、“福田ワールド”全開の“新解釈な三國志”を垣間見ることのできる映像となっている。

大泉が「お正月映画にふさわしい、たいへん豪華で、たいへん壮大で、そして、本当にばかばかしい映画となっております。福山さんのカッコいい主題歌とともにぜひご期待ください」と語る本作に、ますます期待が膨らむばかりだ!


関連作品

  • 新解釈・三國志

    3.5
    1880
    大泉洋×福田雄一監督が初タッグを組み、監督のオリジナル脚本で「三國志」を映画化