『ヤウンペを探せ!』出演の宮川大輔が語る、俳優を目指した過去とお笑い芸人としての道のり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ヤウンペを探せ!』出演の宮川大輔が語る、俳優を目指した過去とお笑い芸人としての道のり

インタビュー 2020/11/6 19:00

『ヤウンペを探せ!』出演の宮川大輔が語る、俳優を目指した過去とお笑い芸人としての道のり

お笑い芸人としてだけでなく俳優としても、常に安定した存在感を発揮している宮川大輔。7月から、初めてその名を冠したバラエティ番組「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」がスタートし、11月20日(金)には、スラップスティック・コメディ映画『ヤウンペを探せ!』が公開される。様々なジャンルの作品で活躍する宮川を直撃すると、常に全力投球する姿勢と共に、いまのポジションを得るまでの葛藤もうかがえた。

宮川の俳優としての近作を見てみても、岩田剛典主演の連続ドラマ「崖っぷちホテル!」での愚痴だらけの清掃員役や、岡田准一主演の映画『ザ・ファブル』(19)でのインパクト大なコメディアン、ジャッカル富岡役など、名バイプレーヤーぶりはすでにお墨付きだ。芸人、俳優と共に順風満帆なキャリアを築いた宮川だが「職業はなに?」と聞かれたら「芸人です」と即答するそうだ。

さえない中華レストラン店長のジュンペイ(宮川大輔)
さえない中華レストラン店長のジュンペイ(宮川大輔)

「自分から『俳優もやらせてもらってます』と言えるまでの自信がないし、一般的に言えば、芸人やと思うので、常におもしろいことを言えるように、そこの牙は常に研いでおかないかんなと。よく『芸人さんて、お芝居が上手いですよね』と言う話を耳にしますが、それはあくまでも空気感とか、いろんなものを含めての評価やと思うので、僕はまず芸人として精進し、やりきらなあかんなと思っています」。

実はもともと俳優志望だったという宮川だが、お笑い芸人として、星田英利とチュパチャップスというコンビを組んでいた。1999年にコンビを解消してからは、俳優業に本腰を入れるべくオーディションに挑み、実際に宮本亜門演出の「BOYS TIMEボーイズ・タイム〜つよく正しくたくましく!!」や、今井雅之演出の「THE WINDS OF GOD」などの舞台に立った。

「きっとお笑いに自信があれば、コンビをやめてなかった。コンビ解消後はネタ作りもまったくしてなかったので、役者という肩書きで行こうと思ったんです。その後、舞台のオーディションに受かり、アドリブで『おもろいことをやって』と言われた時も、すごく嫌でした。お笑いをやめて、こっちに来たのにと…」。

関連作品

  • ヤウンペを探せ!

    3.6
    17
    4人の独身中年男たちが憧れのヒロインのために謎のヤウンペ探しに奔走するコメディ
    Amazon Prime Video