リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎が『キネマの神様』に出演決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/22 11:00

リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎が『キネマの神様』に出演決定

山田洋次監督が原田マハの同名小説を映画化した『キネマの神様』(2021年4月16日公開)に、リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎の出演が決定。あわせて、彼らの熱い思いが伝わるコメントも到着した。

【写真を見る】若かりし助監督のゴウ(菅田将暉)が師事する映画監督の出水宏(リリー)
【写真を見る】若かりし助監督のゴウ(菅田将暉)が師事する映画監督の出水宏(リリー)[c]2021「キネマの神様」製作委員会

主演に決定していた志村けんの急逝、新型コロナウイルスによる撮影中断などの悲しみや困難に直面しつつも、沢田研二を新たな主演に迎えて再始動した本作。ギャンブル漬けで家族にも見放されたダメ親父のゴウに、“映画の神様”がもたらす奇跡の物語が描かれる。沢田と菅田将暉が主人公ゴウの現在と若き日を二人一役で演じるほか、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、小林稔侍、寺島しのぶ、北川景子が脇を固める。

リリー、志尊、前田ともに山田監督作品には初出演となり、1950~60年代の日本映画黄金期に活躍した映画監督の出水宏をリリーが、映画館“テアトル銀幕”でアルバイトをするイマドキの青年・水川を志尊が、落ちぶれたゴウ(沢田)の隠れた才能を見いだす孫の勇太を前田がそれぞれ演じる。出演に際しリリーは、「山田洋次監督、沢田研二さん、志村けんさん。僕の憧れのスターの方々と、同じフィルムの中に存在できたことが、幸福です」と、志尊は「自分の人生において、山田洋次監督作品に出演させていただけることがあるなんて思ってもいませんでした」と、前田は「自分がまさか山田洋次監督作品に携われる日がくるなんて思ってもいなかったので、ものすごくテンションが上がりました」と、そろって喜びを口にした。

一見調子のいいイマドキの若者だが実は心優しい水川(志尊)
一見調子のいいイマドキの若者だが実は心優しい水川(志尊)[c]2021「キネマの神様」製作委員会

内気で部屋にこもりがちなゴウの孫の勇太(前田)
内気で部屋にこもりがちなゴウの孫の勇太(前田)[c]2021「キネマの神様」製作委員会

彼らの出演によって、『キネマの神様』の世界にどのような色が添えられるのか?今後の続報にも期待したい。

関連作品