令和版『妖怪大戦争』で大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が妖怪に大変身!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/1/18 7:00

令和版『妖怪大戦争』で大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が妖怪に大変身!

三池崇史監督が人気子役・寺田心の主演で描く妖怪ムービー大作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(夏公開)。このたび新たに大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が出演することが発表され、それぞれれ特殊メイクで妖怪になりきったビジュアルが公開された。

【写真を見る】前作『妖怪大戦争』は神木隆之介の主演で大ヒット。令和版は寺田心の主演でさらにスケールアップ!
【写真を見る】前作『妖怪大戦争』は神木隆之介の主演で大ヒット。令和版は寺田心の主演でさらにスケールアップ![c] 2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

本作は、興収20億円のヒットとなった『妖怪大戦争』(05)を手掛けた三池監督が引き続きメガホンをとり、さらにスケールアップを遂げたシリーズの令和版。“妖怪獣”による未曽有の危機に立ち向かうべく、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の兄弟が繰り広げる冒険が描かれる。主人公の少年・兄(けい)を寺田、狐面の女を杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を大沢たかおが演じることが既に発表されていた。

今回、妖怪のリーダー“ぬらりひょん”役で参戦した大森は「ぬらりひょんにしては若くないかな?と思ったけど、こんなぬらりひょんがあってもいいんじゃないかな」とコメント。赤ん坊を抱いた女妖怪・姑獲鳥(うぶめ)役の安藤は「三池監督の映画は、脚本を読んだ印象と現場で出来上がる世界がまったく違うので、今回もワクワクしながら挑みました」と久しぶりの三池組での撮影を振り返っている。

真っ赤な顔と毛の猿の妖怪・猩猩(しょうじょう)を演じる大倉は「扮装より顔の個性が勝ったと思う」と語る一方、天狗役の三浦は「鏡で見て『俺じゃなくても…』と思うほどの出来でした」と特殊メイクについての感想もチラリ。また雪女に扮した大島は「妖怪になれたという嬉しさを心に持って、楽しんで演じた」と、実はかなりの妖怪好きであることを明かしている。

解禁されたキャストについて三池監督は「この映画に集まってくれた役者たちは皆、間違いなく妖怪です。妖しい魅力で観る人の心を惑わせる、恐ろしい魅力の持ち主たちです」と愛にあふれたコメントを寄せているが、さらなる追加キャストも今後発表される予定。令和の新時代にスケールアップした『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の続報に期待しよう。

関連作品

  • 妖怪大戦争 ガーディアンズ

    -
    36
    三池崇史監督×寺田心主演で巨大妖怪獣の襲来から世界を救うため戦う少年の活躍を描く
  • 殺し屋1

    2.0
    0
    スタイリッシュで美しくて凶暴な三池崇史×浅野忠信×山本英夫のコラボレーション