有村架純、菅田将暉は「絶対に人を否定しない人」『花束みたいな恋をした』で全幅の信頼 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/1/30 9:40

有村架純、菅田将暉は「絶対に人を否定しない人」『花束みたいな恋をした』で全幅の信頼

人気ドラマ「カルテット」などの人気脚本家、坂元裕二によるオリジナル脚本を映画化した『花束みたいな恋をした』(公開中)で、菅田将暉とW主演を務めた有村架純。有村は、恋人役を演じた菅田について「絶対に人を否定しないし、むしろ人のいいところをどんどん見つけていく人」と、その人となりに心を動かされたとか。そんな有村が、菅田との共演秘話や脚本の魅力、自身の恋愛観について語ってくれた。

『花束みたいな恋をした』で菅田将暉と共に主演を務めた有村架純
『花束みたいな恋をした』で菅田将暉と共に主演を務めた有村架純撮影/興梠真穂

終電を逃したことがきっかけで出会った、大学生の山音麦(菅田)と八谷絹(有村)。話してみると、自分の好きな音楽や映画など、趣味嗜好が奇跡的なほど合っていた2人は、すんなりと恋に落ちる。2人は多摩川沿いのマンションで同棲を始め、拾ったネコにバロンと名付け、仲良く暮らしていくが、やがて就職活動を経て就職すると、仕事への価値観などの違いを感じていく。そんな2人の5年間が、時代の風物詩と共に綴られる。

これまで『ナラタージュ』(17)やドラマ「中学聖日記」など、数多くのラブストーリーに出演してきた有村だが、「2人が付き合い始めてからの物語を演じるのは初めてでした」と、絹役をかなり新鮮に演じられたそう。

運命的な出会いを果たし、互いに惹かれ合う麦と絹
運命的な出会いを果たし、互いに惹かれ合う麦と絹[c]2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

「これまでの作品では、好きになった人と会えなかったり、相手が先生だったり、生徒だったりと、なにかしらの壁がありました。こんなにもスムーズに恋愛をする役を演じたことがなかったので、どう演じたらちゃんと付き合っている2人に見えるのかと考えてしまいました。でも、菅田くんのおかげで、肩肘張らずに自然体で演じられたし、勉強になることもいっぱいありました」。

さらに「恋愛は、ちょっとしたことで崩れてしまうものだけど、人と分かり合えたり、認め合えたりする存在がいるだけで、こんなにも心強い支えになるのかと感じました。それは友達でも恋人でもいいんですが、人とのつながりは脆くて愛おしいというか、脆いからこそ尊くてまぶしいものなんだなと、今回思いました」と述懐。

関連作品