神々が集う出雲が舞台の映画『神在月のこども』…miwaが手掛けた主題歌を通じて実感した“つながり”の大切さ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/31 18:00

神々が集う出雲が舞台の映画『神在月のこども』…miwaが手掛けた主題歌を通じて実感した“つながり”の大切さ

映画やテレビドラマに撮影可能なロケ地の情報を提供し、案内、調整も行う組織「東京ロケーションボックス」は、映像作品を通して東京の魅力を国内外に発信しながら、ロケ撮影で地域活性化を図ることを目的としている。実際にサポートを受けた映像作品にフォーカスするこの企画。今回は、島根・出雲を舞台にしたアニメーション映画『神在月のこども』がふたたび登場。いよいよ今年の秋に公開が迫る本作より、同県出身のプロデューサーの言葉と共に、制作を通じて実感した“つながり”の大切さを紹介していきたい。

『神在月のこども』は2021年秋公開予定!
『神在月のこども』は2021年秋公開予定![c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

日本という島国の根にある“ご縁”の価値観をアニメーションとして映像化

出雲では、日本各地で“神無月(かんなづき)”と呼ばれる10月を、“神在月(かみありづき)”と呼称している。その理由は、全国津々浦々の神々が出雲に集い、翌年の“縁”を結ぶ会議を行うという言い伝えがあるからだ。本作はこの由縁を題材とし、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根と読む場所にある“ご縁”という価値観をアニメーションとして映像化する。

カンナが間に合わなければ、この島国が大きく揺らいでしまう
カンナが間に合わなければ、この島国が大きく揺らいでしまう[c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

主人公は、母を亡くしたことで、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。ある日、絶望の淵にいる彼女が母の形見に触れたことで、運命の歯車が回り始める。突如として現れた神の使いの兎、シロにいざなわれ、出雲へ向かうカンナ。その前に立ちはだかる鬼の少年、夜叉や八百万の神々と出会いながら、彼女は出雲を目指して走りだす。

【写真を見る】主人公は“東京”から“出雲”へ駆ける少女、カンナ
【写真を見る】主人公は“東京”から“出雲”へ駆ける少女、カンナ[c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

カンナを演じるのは、河瀨直美監督の『朝が来る』(20)に出演し、第44回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞し、5月よりスタートするNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」への出演も控える蒔田彩珠。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの真希波・マリ・イラストリアス、「鬼滅の刃」の珠世といった人気キャラクターを演じ続ける坂本真綾がシロ役を務めるほか、『千と千尋の神隠し』(01)のハク、『聲の形』(16)の石田将也などを演じてきた入野自由も夜叉役で出演する。

神の使いのうさぎ、シロ役には坂本真綾
神の使いのうさぎ、シロ役には坂本真綾[c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

さらに、出雲を治める神・大国主役に神谷明、カンナの幼少期を音楽ユニット「Foorin」のメンバーとしても活躍する新津ちせが演じることも決定。カンナの同級生であるミキ役には、2019年放送の「ココア」にてテレビドラマ初出演で初主演を務めた永瀬莉子、恵比寿天役には「名探偵コナン」の目暮警部や「サザエさん」の波平役などの国民的キャラクターを演じる茶風林、龍神役には「真田丸」で大河ドラマ出演も果たした高木渉がキャスティングされている。

出雲を治める神・事代主(恵比寿天)役は茶風林
出雲を治める神・事代主(恵比寿天)役は茶風林[c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会


人気作のロケ地情報がたっぷり!東京ロケーションボックス スペシャルサイト【PR】

※新型コロナウイルス感染症拡大防止について
感染拡大防止のため、ご紹介させていただいたロケ地へのご来訪にはお気をつけいただけますようよろしくお願いいたします。感染拡大防止へのご理解とご協力をお願い申し上げます。