新婚の夏菜、「涙と笑いがごちゃ混ぜになった」プロポーズ時のサプライズとは?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/6/7 19:30

新婚の夏菜、「涙と笑いがごちゃ混ぜになった」プロポーズ時のサプライズとは?

6月6日、東京プリンスホテルにて『夏への扉 ーキミのいる未来へー』(6月25日公開)の公開記念イベントが開催され、山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督が登壇。ラブストーリーである本作にちなんで、東京タワーを“ピンク色”に点灯させ、トークセッションを行った。

【写真を見る】『夏への扉』の公開記念イベントに山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督が登壇!
【写真を見る】『夏への扉』の公開記念イベントに山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督が登壇!

1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経ついまでも色あせぬロバート・A・ハインラインによる小説「夏への扉」を映画化した本作。山崎が、大切な人を救うために30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じ、“宗一郎にとってかけがえのない存在”であるヒロインの璃子役を清原が演じる。メガホンを取ったのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16)、『フォルトゥナの瞳』(19)の三木監督。

イベントでは、ラブストーリーである本作にちなんで、“ピンク色”に灯った東京タワーをバックにトークセッションを行ったメンバー。山崎は「(新型コロナの影響で公開が延期されていたが)やっと公開できるんだなとワクワクしています」と挨拶し、「この作品は本当にレトロでチャーミングで、いろんな愛の形が詰まった本当に心温まる作品。最後にはサプライズもあって、いろんな世代の方に楽しんでいただけると思います」とアピールした。

ラブストーリーである作品にちなんで、東京タワーを“ピンク色”に点灯させた
ラブストーリーである作品にちなんで、東京タワーを“ピンク色”に点灯させた

東京タワーを“ピンク色”に点灯させるべく、点灯ボタンをON!
東京タワーを“ピンク色”に点灯させるべく、点灯ボタンをON!

ストーリーにちなみ、最近起こったサプライズについて聞かれると、夏菜は「私ごとで申し訳ないのですが、最近、結婚しまして。海でサプライズプロポーズしていただいてロマンティックだったのですが、ちょうどその最中に5時のチャイムが鳴ったんです。涙と笑いがごちゃ混ぜになって、一生忘れないサプライズになりました(笑)」とコメント。

山崎は「兄の子ども、姪が2歳で、これまで姪に会うとずっと泣かれていたのですが、最近会うと『賢ちゃん』と言ってくれて、めっちゃかわいくてうれしいサプライズでした」と、最近のエピソードを頬を緩ませながら語った。

さらに、お気に入りの“”胸熱シーン”について聞かれると、宗一郎と璃子のシーンを挙げた山崎は、「果耶ちゃんとの2人だけのシーンで『さっきはごめんね』というセリフのシーン。普段の何気ないセリフが格好良くて、素敵で、それはすごく好きなところ」と紹介。一方、清原は「冒頭の、宗ちゃんと璃子が一緒にイヤホンで音楽を聴いているところ。あの2人だからこその距離感とか、じんわり胸が温まるシーンだなと思います」と振り返っていた。

取材・文/平井あゆみ

※山崎賢人の「崎」は立つ崎が正式表記

関連作品