林遣都と小松菜奈が、ファンに心温まるアドバイス!『恋する寄生虫』試写会でのお悩み相談を完全版でお届け|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/10/15 14:48

林遣都と小松菜奈が、ファンに心温まるアドバイス!『恋する寄生虫』試写会でのお悩み相談を完全版でお届け

三秋縋のベストセラー小説を原案に、林遣都と小松菜奈のW主演で映画化した『恋する寄生虫』(11月12日公開)の女性限定試写会が、10月14日にグランドシネマサンシャイン池袋で開催され、林、小松、柿本ケンサク監督が登壇。“潔癖症”や“視線恐怖症”に悩む男女を演じた林と小松が、MOVIE WALKER PRESSのTwitterで募集したファンからの悩みを聞いて、真摯にアドバイスをしていった。本記事では、このイベントの模様を、余すところなく完全版でお届けする。

ステージには、ストーリー上で重要な“クリスマスイブの約束”にちなみ、チョウチョ型の寄生虫「フタゴムシ」のオーナメントが散りばめられたクリスマスツリーが用意されていた。

ひと足早いクリスマスムードに包まれたなか、林はツリーを見て「寄生虫なんですが、すごく可愛い形をしていますし、色もきれい。なによりもいまはクリスマスツリーをたくさんの人と共有しづらいと思うので、こういう形でみなさんとクリスマス気分を味わえてうれしいです」と笑顔を見せた。

3人でフォトセッション
3人でフォトセッション

小松も「もうクリスマスの時季かと思ってしまいました。今年はあっという間だったなと。小さいころのクリスマスは、あんなにワクワクする日だったのに。サンタさんが来るのを見なきゃと思って夜ふかしをするけど、結局サンタさんが来るのが遅くて寝ちゃって、というクリスマスを過ごしてました」と幼少期の思い出を振り返った。

柿本監督も「去年はあんまり心から楽しめなかったような気もするので、今年はみなさんで楽しんでいただけるといいなと思います」とうなずいた。


高坂と佐薙は少しずつ距離を縮めていき、お互いにかけがえのない存在になっていく
高坂と佐薙は少しずつ距離を縮めていき、お互いにかけがえのない存在になっていく[c]2021「恋する寄生虫」製作委員会

『恋する寄生虫』は、孤独な2人が“虫”によって“恋”の病に落ちていくという、切なくも美しいラブストーリー。CMやミュージックビデオなど多岐にわたり活躍し、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」のタイトルバック映像も制作した柿本監督がメガホンをとった。