「月刊シネコンウォーカー」8月号を配布!デジタル版も公開中|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「月刊シネコンウォーカー」8月号を配布!デジタル版も公開中

映画ニュース 2022/8/5 16:00

「月刊シネコンウォーカー」8月号を配布!デジタル版も公開中

表紙は新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)
表紙は新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)[c] 2022「すずめの戸締まり」製作委員会

全国の映画館で配られているインシアターマガジン「月刊シネコンウォーカー」。その「8月号」が、本日8月5日より劇場で配布中だ。

【写真を見る】“閉じ師”の青年など謎に包まれたキャラクターたちの詳細が明らかに!
【写真を見る】“閉じ師”の青年など謎に包まれたキャラクターたちの詳細が明らかに![c] 2022「すずめの戸締まり」製作委員会

今号の表紙&巻頭記事を飾ったのは、新海誠監督の3年ぶりとなる待望の最新作『すずめの戸締り』(11月11日公開)。先日、最新予告編が解禁されたが、そこにも登場していた物語のカギを握る3キャラクターの詳細をいち早くキャッチ!

荻上直子監督が自身の原作小説を映画化した『川っぺりムコリッタ』(9月16日公開)
荻上直子監督が自身の原作小説を映画化した『川っぺりムコリッタ』(9月16日公開)[c]2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会

「映画館であなたの1本が待ってる!」特集トップの作品は、『かもめ食堂』荻上直子監督の最新作『川っぺりムコリッタ』。古いアパートを舞台に、松山ケンイチ、ムロツヨシらが演じるちょっぴり変わった住人たちが織りなす温かな物語だ。撮影が行われた富山県の聖地巡礼MAPも掲載しているので、ぜひ本誌片手に、富山県を訪れてみては?

東京発・京都行の超高速列車を舞台にした ブラッド・ピット主演作『ブレット・トレイン』(9月1日公開)

ほか特集内では、夏にぴったりなアニメーション映画『夏へのトンネル、さよならの出口』(9月9日公開)、伊坂幸太郎の原作をブラッド・ピット主演で映画化したアクション『ブレット・トレイン』(9月1日公開)、スタジオジブリによってアニメーション映画化もされた柊あおいの人気コミックを実写化した『耳をすませば』(10月14日公開)など、バリエーション豊かな作品をご紹介。


また今回も、PCやスマホ、タブレットなどで本誌を読むことができる(一部内容は紙版と異なる場合がございます)デジタル版を配信。ぜひ「月刊シネコンウォーカー」で、次に観たい1本を探してみてほしい。

※一部地域で映画館の営業時間変更や休業、上映スケジュールが変更となる場合があります。あらかじめ各劇場の公式HPなどでご確認ください。

文/月刊シネコンウォーカー編集部

関連作品