生田絵梨花が語る、アドリブで生まれるリアリティ『Dr.コトー診療所』で初の看護師役に挑戦|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
生田絵梨花が語る、アドリブで生まれるリアリティ『Dr.コトー診療所』で初の看護師役に挑戦

インタビュー

生田絵梨花が語る、アドリブで生まれるリアリティ『Dr.コトー診療所』で初の看護師役に挑戦

日本の西の端にぽつんとある美しい島、志木那島に東京からやってきた医師、Dr.コトーこと五島健助を吉岡秀隆が演じたドラマシリーズの劇場版、『Dr.コトー診療所』が12月16日(金)に公開する。原作は、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画。今回の映画では、2003年、2006年に放送されたドラマの16年後が描かれ、シリーズのキャストも16年ぶりの再集結となる。

『Dr.コトー診療所』は12月16日(金)に公開
『Dr.コトー診療所』は12月16日(金)に公開[c]山田貴敏 [c]2022 映画 「Dr.コトー診療所」製作委員会

ただ1人の医師として、志木那島の島民すべての命を背負ってきたコトーは、看護師の彩佳(柴咲コウ)と数年前に結婚。まもなく子どもも生まれようとしていた。漁師の原(時任三郎)やスナックを営む茉莉子(大塚寧々)、診療所を手伝う和田(筧利夫)らと共に、穏やかな日々を送っていくと思われたが、時が流れ、島の日常にある変化が忍び寄っていた――。そんな本作に新たな風を吹き込むのが、シリーズ初登場となる生田絵梨花演じる島の診療所の看護師、西野那美だ。MOVIE WALKER PRESSでは、今回、初の看護師役に挑んだ生田にインタビュー。お馴染みのキャストに混じって作品の世界に溶け込む難しさや、医療の現場を演じるうえで必要とされるリアリティの裏側を語ってもらった。

 本作参加が決まった時に感じた不安や手応えまで、真摯に語ってくれた
本作参加が決まった時に感じた不安や手応えまで、真摯に語ってくれた撮影/山田健史

「なじめるのかという不安も、うれしさと同じくらい大きかったです」

人気シリーズへの出演に「うれしい気持ちはもちろんありました」と生田。だが、喜びと同時に不安もあったという。「私が演じる役はもともと島にいた設定なので、『ドラマに出演していなかった私で大丈夫なのかな』という想いもありました。ドラマシリーズから共演されている皆さんは、すでにチームとしての空気感ができあがっていると思うので、自分がそこになじめるのかという不安も、うれしさと同じくらい大きかったです」。

2003年にドラマ放送が開始された「Dr.コトー診療所」シリーズ(2003年放送ドラマ「Dr.コトー診療所」)
2003年にドラマ放送が開始された「Dr.コトー診療所」シリーズ(2003年放送ドラマ「Dr.コトー診療所」)


もともとドラマ「Dr.コトー診療所」の視聴者であったという彼女だが、登場人物への理解をさらに深めるため、撮影前に過去作品を改めて見返し、ドラマ版から引き続き登場する島の人々の信念や考え方を知ることに努めた。

「ただ、那美もドラマで描かれてきたすべてを見てきたわけではないし、那美が知らないこともたくさんあると思います。だから、残りは現場でキャストのみなさんとコミュニケーションをいかに取れるかが大切だな、と思っていました」。

作品情報へ

関連作品

  • Dr.コトー診療所

    4.1
    5610
    吉岡秀隆が離島の外科医を演じた同名人気ドラマが16年ぶりの続編として映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT