安藤サクラ、永山瑛太が語る“是枝裕和への信頼”と“坂元裕二脚本の魅力”「テイクを重ねることに喜びを感じた」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
安藤サクラ、永山瑛太が語る“是枝裕和への信頼”と“坂元裕二脚本の魅力”「テイクを重ねることに喜びを感じた」

インタビュー

安藤サクラ、永山瑛太が語る“是枝裕和への信頼”と“坂元裕二脚本の魅力”「テイクを重ねることに喜びを感じた」

日本の創作の場を牽引する、映画監督、是枝裕和と脚本家、坂元裕二がタッグを組んだ映画『怪物』(公開中)で、重要な役回りを演じた安藤サクラ永山瑛太。安藤は『万引き家族』(18)に続き、2度目の是枝作品。シングルマザーで、大きな愛を持って一人息子を育てる麦野早織役を演じた。早織の息子である湊の担任教師、保利役を演じた永山は、是枝作品への出演は初めてだが、坂元作品には欠かせない存在だ。「ミリ単位で演技を見てくれている信頼関係があった」という、撮影現場や作品の話を語り合ってもらった。

【写真を見る】「腹がちぎれるくらいみんなで笑いました」。安藤サクラと永山瑛太が明かす、意外な『怪物』撮影秘話
【写真を見る】「腹がちぎれるくらいみんなで笑いました」。安藤サクラと永山瑛太が明かす、意外な『怪物』撮影秘話撮影/黒羽政士

「第一印象を“へその緒”のように大事にしていた感じです」(安藤)

第76回カンヌ国際映画祭で、脚本賞、クィア・パルム賞の2冠に輝いた本作は、よくある子ども同士のケンカと思われたが、子どもたちをはじめ、息子が教師に暴力を振るわれたと訴える母親、否定する教師らの食い違う主張によって、やがてメディアをも巻き込んだ事態に発展していく圧巻のヒューマンドラマ。

――映画『怪物』は2人の子どもたち、安藤さん演じる早織、永山さん演じる保利先生と、4者3様の視点で語られます。私も子どもがいるので、早織視点のパートにものすごく感情移入してしまって、息子を想って必死に訴えている母親に対して、ずさんな態度をとっているようにしか見えない保利先生に対する怒りが…。

安藤サクラ(以下、安藤)「わかります(笑)」

――最初に脚本を受け取られた時の感想は?

教師に暴力を振るわれたと訴える子どものシングルマザー、早織を演じた安藤サクラ
教師に暴力を振るわれたと訴える子どものシングルマザー、早織を演じた安藤サクラ[c]2023「怪物」製作委員会

安藤「早織のパートを読み終えた時、私も同じく保利先生に対して怒りで震えていました。『なんだ、こいつー!』って。早織に共感して、感情的になりながら読み進めていくと、だんだん早織の知らなかった世界線を知ることになる。そうすると、最初に感じた怒りが薄まっていく感じがしたんですよね。それで『まずい、あの怒りは大切に記憶しておかなきゃいけない』と思って、それ以降をあまり読まないようにしました。こうして(目を細めて)、ササーッと」

永山瑛太(以下、永山)「薄目で読んでいたんだ(笑)」

安藤「もちろん、そのシーンを演じる時は一生懸命。だけど、じっくり読み込んでしまうと保利先生に寄り添ってしまって、最初の感情を忘れてしまう気がして。第一印象を“へその緒”のように大事にしていた感じです」

永山「僕は、タイトルが『怪物』だったので、“怪物探し”をしながら読み進めました。これまで、坂元(裕二)さんが脚本を書かれた作品にいくつか出させてもらっていますが、僕が演じたのは大体が“生きづらさ”を抱えている役柄でした。世間と折り合いがつかない、周りともうまくいかない。保利先生もそういう人物だと感じました」

疑いをかけられる教師、保利を演じた永山瑛太
疑いをかけられる教師、保利を演じた永山瑛太[c]2023「怪物」製作委員会

――早織の息子、湊が、保利先生からモラハラを受け、挙句の果てに殴られていると早織は訴えます。謝罪をする際の彼の態度、同僚とのやり取りなど、保利先生の不器用さは細かなシーンから感じ取れました。

永山「細かいところまで、人となりが行き届いているのが坂元さんの脚本のおもしろさですよね。だからこそ演じる悦びがある。けれど一回読んだだけでは誰に、なにを伝えたいのか、充分に理解が追いつきませんでした」

――理解はどのように深めていったのでしょうか?

永山「何度も脚本を読みながら、そして現場に立って是枝監督やサクラ、子どもたちと向き合って演じながらですね。明確な一つの答え、みたいなものはないので、実際に演じてみて完成した作品から、さらに新しいものを受け取っている感じはありました」

――確かに保利先生は、誤植を見つけて出版社に手紙を送りつけるという妙な趣味を持っていたり、着任早々、先生方に「君は目つきが悪いし、感じも悪い」と言われてしまったり、一般社会になじめていない感じがありました。そうしたなかで、瑛太さんは保利先生の“生きづらさ”をどのように捉えていらっしゃいましたか?


どこか“生きるのが不器用”な保利という役を見事演じた永山瑛太
どこか“生きるのが不器用”な保利という役を見事演じた永山瑛太[c]2023「怪物」製作委員会

永山「先生としては真っ当な人間なんです。なにか問題があったらすぐに反応して、生徒たちとのコミュニケーションも取っていて。でも、ひとつひとつの問題や行動に対して『どういう対応をするか』、という道徳観が少しずれているのかもしれません。『なんで』を深く追求しない、というか。でも、その落とし穴は些細なもので、保利先生のように気づけていない人も多いのではないかと思います」

『怪物』みたいのだーれだ【PR】
作品情報へ

関連作品

  • 怪物

    4.2
    7113
    『万引き家族』の是枝裕和監督と『花束みたいな恋をした』の脚本家・坂元裕二のオリジナル作品
    U-NEXT