「ONE PIECE」「呪術廻戦」に『THE FIRST SLAM DUNK』の応援上映も!海外のコスプレイヤーも大集結、熱狂のAnime Expoをレポート|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「ONE PIECE」「呪術廻戦」に『THE FIRST SLAM DUNK』の応援上映も!海外のコスプレイヤーも大集結、熱狂のAnime Expoをレポート

イベント

「ONE PIECE」「呪術廻戦」に『THE FIRST SLAM DUNK』の応援上映も!海外のコスプレイヤーも大集結、熱狂のAnime Expoをレポート

今年31回目の開催となったAnime Expo(通称AX)は、毎年7月4日の独立記念日の連休に米ロサンゼルスで開催される、アニメや漫画のファンイベント。今年も前売りチケットが完売し、有料入場者数16万人超、4日間の通算で38万人超を記録した。毎年規模を拡大し行われるAXだが、ここ数年の北米におけるアニメ人気拡大を受け、ファンイベントも過渡期を迎えている。

今年のAnime Expoをレポート !
今年のAnime Expoをレポート !

ロサンゼルスのダウンタウンにあるコンベンション・センターで行われるこのイベントのオリジンは、1991年にカリフォルニア大学バークレー校のアニメクラブが開催したAnime Con。以降30年の年月をかけ、北米最大の日本ポップカルチャーの祭典に育っていった。運営は非営利団体の日本アニメーション振興会(SPJA)で、AXのほかにも若い参加者にターゲットを絞ったAnime Expo Chibiやオンライン版も行っている。日本のエンターテイメント、音楽、ファッション、ビデオゲームなど様々なジャンルの祭典には、アメリカ全土や日本、世界各国からファンが集う一大イベントとなり、今年は東宝アニメーションやNetflix、ワーナー・ブラザーズ・ジャパンなどが自社の最新作品の紹介を行うプレゼンテーションを開催。またYOSHIKIや天野喜孝の特別トークセッションなども行われ、幅広い参加者を取り込むコンベンションとして新たなステージに向かっていることがわかる。アニメスタジオやプラットフォームのプレゼンテーションが増え、毎年7月中旬にサンディエゴで行われているComic Conに追いつきそうな勢いを感じる。

Netflixのプレゼンテーションの様子
Netflixのプレゼンテーションの様子

AX初日の7月1日に行われたNetflixのプレゼンテーションには「ポケモンコンシェルジュ」(2023年12月配信予定)から女優ののん、「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」(8月3日配信予定)からは主演の赤楚衛二と原作の作画担当の高田康太郎が来場し、AXのファンに新映像をお披露目した。手塚治虫の「鉄腕アトム」の1エピソードをもとに浦沢直樹がリメイクした「PLUTO」(10月26日配信予定)のアニメ化からは、エグゼクティブ・プロデューサーでアニメスタジオのMAPPAを率いる丸山正雄が登壇。ティザー予告編が公開されると、コミックのファンもMAPPA作品のファンも大きな歓声をあげて喜びを表現していた。


大人気の「ONE PIECE」ブース
大人気の「ONE PIECE」ブース

プレゼンテーションのトリを飾ったのは実写ドラマシリーズ「ONE PIECE」(8/31配信予定)の日本語版吹き替え声優発表。実写版ルフィ役のイニャキ・ゴドイがアニメ版の声優である田中真弓と対面するビデオが公開された。毎年会場には「ONE PIECE」のコスプレをしたファンが多く、なかでも麦わら帽子を被ったルフィのコスプレは“定番”。コンベンション。センター入口にも実写版「ONE PIECE」の特大バナーが飾られ、まさにAXの顔となっていた。

「ONE PIECE」はコスプレでも大定番
「ONE PIECE」はコスプレでも大定番

「呪術廻戦」や「鬼滅の刃」など、北米でも人気を誇る作品のプレゼンテーションも多くのファンが楽しみにしている目玉イベント。2022年に北米発のアニメプラットフォーム、Crunchyrollとアニメ配給会社Funnimationが共同配給した「Jujutsu Kaisen 0(英題)」は、2200館以上で公開し3454万ドル(約48億円)の興行成績を修めた。約7500人を収容する大ホールで行われたイベントは満席で、アニメシリーズ第二期配信開始を前に、大きな盛り上がりを見せた。

「呪術廻戦」プレゼンテーションの様子
「呪術廻戦」プレゼンテーションの様子

「呪術廻戦」を手掛ける東宝アニメーションも初のプレゼンテーションを開催。「ゴジラの権利をすべて持つスタジオです」という紹介から「呪術廻戦」「僕のヒーローアカデミア」の新シーズン、そして「狼と香辛料」「怪獣8号」「葬送のフリーレン」といった新作の発表を行った。これだけの人気作品を揃える東宝は新会社Toho Globalを設立し、ゴジラに特化したサイトとアニメグッズのEコマースサイトを立ち上げる。世界におけるアニメ市場は拡大し続け、その多くはグッズ販売であるにも関わらず、日本以外の国で正規品を手に入れるのは非常に困難。映画やアニメシリーズのヒットとともに、マーチャンダイジングを柱の一つとするのはとても理にかなった市場展開だと言える。

「僕のヒーローアカデミア」など人気作がそろう東宝アニメーション
「僕のヒーローアカデミア」など人気作がそろう東宝アニメーション
作品情報へ

関連作品

  • THE FIRST SLAM DUNK

    4.6
    9481
    原作者、井上雄彦が監督・脚本を務める人気バスケットボール漫画の新作アニメ映画