安藤サクラ&山田涼介、次に共演するなら『BAD LANDS バッド・ランズ』前日譚?原田眞人監督は15歳&13歳役を提案|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
安藤サクラ&山田涼介、次に共演するなら『BAD LANDS バッド・ランズ』前日譚?原田眞人監督は15歳&13歳役を提案

イベント

安藤サクラ&山田涼介、次に共演するなら『BAD LANDS バッド・ランズ』前日譚?原田眞人監督は15歳&13歳役を提案

黒川博行の傑作小説を原田眞人監督が映画化した『BAD LANDS バッド・ランズ』の初日舞台挨拶が9月29日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、安藤サクラ山田涼介(Hey! Say! JUMP)、生瀬勝久、宇崎竜童、吉原光夫、サリngROCK、原田監督が登壇した。

『BAD LANDS バッド・ランズ』初日舞台挨拶が開催された
『BAD LANDS バッド・ランズ』初日舞台挨拶が開催された

本作は、特殊詐欺に加担するネリ(安藤)と、弟のジョー(山田)がある夜、億を超える大金を手にしてしまったことで、様々な巨悪にねらわれる姿を描くクライムサスペンス。安藤は「いち早くご覧になった皆さまが『めっちゃおもしろかった』と興奮気味な方が多い」と周囲の反響を肌で感じている様子。山田は「番組のスタッフさんが映画を観てくださって、『本当におもしろかった』と。おべっかとかお世辞抜きで、本当にいい映画だったと言ってくださった。あと『いいケツしていたね』と言われました。きれいに映っていたみたいです」とお尻をほめられたことを笑顔で明かしていた。

『BAD LANDS バッド・ランズ』で原田組に初参加した安藤サクラ。充実感を明かした
『BAD LANDS バッド・ランズ』で原田組に初参加した安藤サクラ。充実感を明かした

原田組に初参戦となった安藤だが、「その場で起こった奇跡みたいなものを、映画のなかで生かしていく力があるんだなと感じた」と原田監督の現場の特別さについて証言。「いろいろな奇跡があったね」と山田と顔を見合わせた。山田も「その場で生まれたものを大切にしてくれる監督さん」と熱気を瞬時に取り込んでいく撮影現場について述懐しながら、「乱闘シーンで、ネリ姉がピンチになる瞬間がある。僕はパイプ椅子をひきずって、ネリ姉のところに曼荼羅(宇崎)さんと行くんですが、目の前にカバンがあって。それを思い切り相手にぶつけようと思ったら、思い切りネリ姉に当たってしまって」と苦笑い。「そういうものも(本編に)使われている。リアル感みたいなものを大切にしてくださるので『今日はなにが生まれるんだろう』と日々楽しかった」と充実感をにじませていた。

山田涼介、『BAD LANDS バッド・ランズ』初日舞台挨拶で笑顔!
山田涼介、『BAD LANDS バッド・ランズ』初日舞台挨拶で笑顔!

安藤によると、ネリが車を運転するシーンで「あまりに高級な車だったので、『この山をこれで…?運転するのか…』」と怖気付いたことがあったそうだが、原田監督は「じゃあ、ジョーが」と咄嗟にジョーが運転をするシーンに変更したという。山田は「僕が高級車を運転して。監督には『ああ、全然いけますよ』と言ったんですが、半年ぶりの運転でドキドキしました」と打ち明けた。安藤はその時に山田の写真を撮っていたといい、「たしかに(山田の)笑顔が、すごくあどけない、子どもみたいな、赤ちゃんみたいな顔で写っていた」と笑い、山田は「ぎこちなかったですか。緊張していました」と照れ笑いを浮かべていた。

本作では姉弟役として共演した安藤と山田。司会から「次に共演するとしたらどんな役がいい?」との質問が投げかけられる場面もあった。山田は「今回はシリアス、クールな映画だったので、コメディとか」と提案。一方の安藤は「あまりにもジョーがジョーでいるから、いまはまだそれを更新したくない気持ちもある。私から、ジョーの山ちゃんがまだ旅立っていない」と率直な想いを告白。


メガホンを取った原田眞人監督
メガホンを取った原田眞人監督

「前日譚をやろうか」と切り出したのが原田監督で、「15歳と13歳を演じる。2人が子どものころ」とネリとジョーの子ども時代に興味津々。安藤は「いやです!」と拒否しつつも、「もう一回これを撮影するよとなったら、全然やりたいです」と本作に愛情を傾けた。山田は「13歳に見えるなら、頑張りますよ」とやる気を見せ、「13はキツい気がしますが」とコメント。会場からは「見たい」という気持ちを表すように大きな拍手が上がっていた。

さらに「2人とこれからもずっとお付き合いしたい。2人だけじゃなく、皆さんとアンサンブルで考えている」とアイデアをふくらませた原田監督。「やはり今度は時代劇ですよね。忍者もの。2人とも身が軽いので、サクラに“くノ一”はいいだろうし、涼介は忍者を絶対にうまいよね」と予想。山田は「僕、忍者うまいと思います」と乗っかり、観客の笑いを誘っていた。

取材・文/成田おり枝


2人の生き方に、誰もが鼓舞される。『BAD LANDS バッド・ランズ』特集【PR】

関連作品

  • BAD LANDS バッド・ランズ

    4.1
    2968
    特殊詐欺に加担する姉弟が大金を手にしたことで巨悪から追われることになる、黒川博行の小説「勁草」を映画化