「いい意味で裏切られてすごくおもしろい」「ヤバさよりもエモさを追い求めたドラマ」「せつなくて涙」観客のコメントから迫る怪作『怪物の木こり』の中毒性|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「いい意味で裏切られてすごくおもしろい」「ヤバさよりもエモさを追い求めたドラマ」「せつなくて涙」観客のコメントから迫る怪作『怪物の木こり』の中毒性

コラム

「いい意味で裏切られてすごくおもしろい」「ヤバさよりもエモさを追い求めたドラマ」「せつなくて涙」観客のコメントから迫る怪作『怪物の木こり』の中毒性

2019年に第17回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介による同名小説を原作とする亀梨和也主演の『怪物の木こり』(公開中)。12月1日から公開された本作は、“サイコパスvs連続殺人鬼”という刺激的な題材を、三池崇史監督が手掛けたとあって熱心な映画ファンの間でも話題の一作だ。

映画公式のX(Twitter)が実施している「#怪物の木こりみたキャンペーン」にも、すでに作品を鑑賞した観客から多くの感想が寄せられている。ここではその一部を引用しながら作品の魅力に迫っていきたい。

怖いけどラストには感動が?世界の三池による予測不能な一作が誕生!

目的のためなら殺人だって厭わないサイコパス弁護士の二宮彰
目的のためなら殺人だって厭わないサイコパス弁護士の二宮彰[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

目的のためなら手段を選ばないサイコパスな弁護士の二宮彰(亀梨和也)は、人間の脳を奪い去る猟奇的連続殺人事件の次なるターゲットとなってしまい、絵本「怪物の木こり」の怪物マスクを被った人物に襲われる。「お前ら怪物は死ぬべきなんだ」という犯人の言葉から自分の悪行を知られていると悟った二宮は、怪物を葬り去ることを決意。一方、警察も天才プロファイラーの戸城嵐子(菜々緒)を中心に捜査を進め、犯人が唯一殺し損ねた男として捜査線上に浮上した二宮を糸口に真相へ迫っていく…。

被害者の頭部を破壊し脳を持ち去るという猟奇的連続殺人が発生し…
被害者の頭部を破壊し脳を持ち去るという猟奇的連続殺人が発生し…[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

“殺人鬼のターゲットが、殺人鬼以上のヤバいやつだった!”というショッキングな展開が繰り広げられる本作。そのメガホンをとったのが、『殺し屋1』(01)、『悪の教典』(12)といった話題作を生みだしてきた“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史だ。本作でも噴きだす血しぶきはあれど、直接的な暴力やゴア描写は控えめ。

「おもしろかった!怖いの苦手だったけど全然観れた!」「三池監督ってことで期待度が高かったけれどいい作品だった。これは血とかホラーが苦手でも比較的観やすいんじゃないかな」というコメントからもわかるように、エンタメとして楽しめるバランスのよい作品となっている。

絵本「怪物の木こり」の怪物の格好をした謎の人物が、二宮に襲いかかるが…
絵本「怪物の木こり」の怪物の格好をした謎の人物が、二宮に襲いかかるが…[c]2023「怪物の木こり」製作委員会

また、「さすがこのミス受賞作、めちゃくちゃ見応えあっておもしろかった」と、追う者と追われる者の形勢が入れ替わり、次々と怪しい人物が浮上する、二転三転する先読み不可能なストーリーは見応え抜群。残虐な事件の真相に迫っていくうちに明らかになる意外な人物の正体、点と点がつながっていく過程を、サスペンススリラーとしてケレン味を交えつつ描いた三池監督の腕が光る「ハラハラドキドキがクセになる作品」だ。しかし、

「もっとえぐいのを想像してたけど、いい意味で裏切られて二転三転があるすごくおもしろい作品でした!」
「単なるサイコパス映画に終わらず、人間の心理や感情を見事に表現した快作」
「韓国ノワール的バイオレンスではなく、残酷描写を少しハードにしたヒューマンミステリー。三池崇史が心情に深く迫り、亀梨和也が繊細な演技で応える。ヤバさよりもエモさを追い求めた泣けるドラマ」


これらのコメントが示すように、スリリングな物語の根底にあるのは、意外にもヒューマンドラマ。「おそらく観たほとんどの人が『え?そういう話?』と面食らうんじゃないかな!」「最後まで結末の予測がつかずおもしろい映画だった」など、観客の予想をいい意味で裏切り、強烈に心を揺さぶってくる作品であることが伝わってくる。

ヤバいサイコパスの狂気を体感せよ!『怪物の木こり』特集【PR】

『怪物の木こり』公開記念"サイコパス"キャラ診断テスト【PR】
作品情報へ

関連作品

  • 怪物の木こり

    3.9
    2313
    斧で脳を奪い去る猟奇殺人犯に狙われたサイコパスの弁護士が追い追われを繰り返すサスペンス