“最強バディ”演じた安藤サクラ&山田涼介、初共演の感想は?「山田涼介、ヤバい!」「人としても大好き」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
“最強バディ”演じた安藤サクラ&山田涼介、初共演の感想は?「山田涼介、ヤバい!」「人としても大好き」

インタビュー

“最強バディ”演じた安藤サクラ&山田涼介、初共演の感想は?「山田涼介、ヤバい!」「人としても大好き」

原田眞人監督によるクライムサスペンスエンタテインメント『BAD LANDS バッド・ランズ』(公開中)で、あらゆる悪意と欲望が渦巻く世界を生き抜こうとする姉弟役として、安藤サクラ山田涼介が初共演を果たした。姉のネリ(安藤)と弟のジョー(山田)による絶妙な掛け合いも本作の大きな見どころとなっているが、ネリのことが大好きでたまらないジョーを演じた山田について、安藤は「めちゃくちゃカッコよくて心を持っていかれました」と大絶賛。一方の山田も「安藤さんとお芝居する時間が、楽しくて仕方がなかった」と撮影の日々を愛おしそうに懐かしむ。最高にクールで、最高にヤバい姉弟を演じた2人が、お互いへの信頼を明かした。

「自分にとって挑戦すべき作品なのではないかと感じました」(安藤)

安藤サクラと山田涼介が、危険な世界を生きる姉弟役として共演を果たした
安藤サクラと山田涼介が、危険な世界を生きる姉弟役として共演を果たした[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

黒川博行の傑作小説「勁草」を映画化した本作。特殊詐欺に加担するネリと弟のジョーがある日、思いがけず“億を超える大金”を手にしてしまい、金を引きだすだけのはずが、様々な巨悪に追われていく姿を描く。姉弟を取り囲む面々はいずれも曲者ぞろいで、誰が味方で敵なのかわからない騙し合いバトル、次第に明らかとなるネリとジョーの過去など、予測不能のスリリングな展開で観客を魅了する。

――安藤さんは、原田眞人監督作品に初参加となりました。本作のオファーが舞い込んだ時の感想を教えてください。

安藤「原田監督の現場には憧れがありながらも、勝手に『私には一生お声がかからないんじゃないかな?』と思い込んでいたんです。だからこそお話をいただいた時には、武者震いするようでもあり、自分にとって挑戦すべき作品なのではないかと感じました。同時に不安もあったので、『私で大丈夫ですか?』と監督に相談に行って(笑)。自分自身、新しい刺激を求めていた部分もあるので、山田くんとバディとして共演できるということもとてもうれしかったです」

――原作では男性だった主人公ですが、脚本も担当された原田監督がネリという女性に大胆に脚色しました。ネリについて、監督とはどのような話し合いをされたのでしょうか。

ネリは、特殊詐欺の受け子のリーダー、通称“三塁コーチ”をしながら社会の最底辺で生きている女性
ネリは、特殊詐欺の受け子のリーダー、通称“三塁コーチ”をしながら社会の最底辺で生きている女性[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

安藤「脚本を読んだうえで、原田監督にお会いした時に『キャラクターの印象が強いわけではないのに、観終わったらなぜか彼女の存在が心に残っている。そんな主人公がいいと思いました』と伝えさせていただきました。たくさんインパクトのあるキャラクターが出てくるからこそ、印象の薄い主人公を演じられたらいいなと。監督にもその想いを受け取っていただいて、撮影に臨みました。またちょっとした言葉のニュアンスからも感じられるネリの優しさは、演じるうえで大事にしたいなと思っていました」

――山田さんは、『燃えよ剣』に続いて2度目の原田組への参加となります。

山田「前回もとても刺激的な現場を経験させていただいたので、また原田監督にお声がけをいただいたら迷わず出演させていただくというのは、自分の中では決まっているようなところもありました。作り上げる世界観を含め、それくらい魅力的なものを持っている監督だと思っています。原田監督の現場は、自分が進化していくうえで絶対に大切な場所になると確信しているので、今回も迷わず参加させていただきました」

――今年30歳を迎えた山田さんですが、危険な魅力を持ったジョーは、ご自身にとってもまた新境地となるようなキャラクターだったのではないでしょうか。


山田涼介が演じたのは、サイコパスでもあるが不思議な魅力があふれるジョー
山田涼介が演じたのは、サイコパスでもあるが不思議な魅力があふれるジョー[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

山田「30歳になって、ドラマでは王道ラブストーリーのキラキラとした役柄をやらせていただいたり、本作のジョーのような役柄があったりと、幅が広がってきたのかなと思う部分もあります。僕自身もいつも新しい姿を見せたいと思っていますし、本作をご覧いただく皆さんにも、俳優として『こんな一面もあるんだ』と思っていただけたらとてもうれしいです」

――ジョーという難役を預けた、山田さんへの信頼度の高さも感じます。

山田「原田監督は、俳優のことをすごくよく見てくれているんですよね。実は今回、あるシーンでなぜだかものすごく緊張してしまったシーンがあって。その時には、原田監督から『涼介、緊張しているだろう』と言われました(笑)」

安藤「そんなに緊張していたシーンがあった?私がいなかったシーン?」

山田「いました。ネリとジョーで、ある家のピンポンを押すシーンです」

安藤「なんで、あのシーンで緊張しちゃったんだろう」

山田「それが全然わからないんですよね(笑)。でも原田監督はそんな僕を笑っていじってくれたりして、本当に愛情深い監督だなと思っています」


2人の生き方に、誰もが鼓舞される。『BAD LANDS バッド・ランズ』特集【PR】

関連作品

  • BAD LANDS バッド・ランズ

    4.1
    2968
    特殊詐欺に加担する姉弟が大金を手にしたことで巨悪から追われることになる、黒川博行の小説「勁草」を映画化