マッドマックス サンダードーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マッドマックス サンダードーム

1985年6月29日公開,107分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

荒涼たる砂漠と化した近未来の地球を舞台に子供だけの国の存亡をかけて闘うマックスの姿を描く「マッドマックス」シリーズ第3弾。製作は監督・脚本も手がけた、前一・二作に続くジョージ・ミラー、共同監督はジョージ・オギルヴィー、共同脚本はテリー・ヘイズ、撮影はディーン・セムラー、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はメル・ギブソン、ティナ・ターナーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

核戦争で荒廃した近未来の地球。豚メタンガスでエネルギーを製造し、物々交換で市場が成り立っている街、バータータウン。そこに疲れきったマックス(メル・ギブソン)が辿りつく。街を見はらす塔の頂に君臨する地上世界の支配者、アウンティ・エンティティ(ティナ・ターナー)は、屈強な部下たちにマックスを急襲させる。この“オーディション”をクリアし、エンティティのメガネにかなったマックスは、この街の地下世界を支配する巨人のプラスター(ポール・ラーソン)と、小人のマスター(アンゲロ・ロッシト)の二人組、マスター・プラスターと闘うことをエンティティから命じられる。マックスは、街の中央に設けられた闘技場、サンダードームで相手のプラスターを倒す。しかし、仮面の下のプラスターのあどけない顔を見てとどめを刺すのをためらう。プラスターはエンティティの部下に殺され、マックスは砂漠に追放されてしまう。砂漠で気を失ったマックスは、一人の少女に助けられる。彼女に連れられて辿り着いた場所には、3歳から16歳までの子供だけの集団がいた。子供たちは、いつの日かパイロットのキャプテン・ウォーカーが救いに来てくれると信じており、マックスをウォーカーだと思い込む。ある日、数人の子供たちが集団を抜け出し、バータータウンへ向かってしまう。マックスは残された子供たちと共に後を追い、バータータウンで失脚したマスターと手を組んで、エンティティ一一派に立ち向かう。

作品データ

原題
Mad Max Beyond Thunderdome
製作年
1985年
製作国
オーストラリア
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    2.0
    2020/9/20

    描きたいものが多すぎた感じ。
    ハリウッドでは、この発想や世界観は絶対ない。
    オーストラリアは、原住民アボリジニと、流刑囚の白人の子孫が混在する国で、欧州からは相当離れた、砂漠の多い国。なので核戦争後の荒廃した世界としてとらえやすい。
    設定的に矛盾するのは、前半出て来るバーター・タウンが、ローマ時代を思わせる退化した世界なのが、クライマックスで機関車だのサンドバギーだの、2の賑やかなチェイス・アクションを再び見せること。隠しすぎ。
    後半マックスがたどりつく、子どもたちの国は、「蠅の王」にインスパイアされたかのよう。楽園だが、大人がいない。そこで、マックスやマックスから財産を奪った飛行機強盗、さらにはマスターが子供たちに手を貸し、未来を作るのだが。
    日本映画だと「ドラゴンヘッド」にやや近い。地殻変動で亡びた世界を少年少女がさまよう話だが、本作の方がアクション大作で厚みがある分、何とかみられる。
    ただし、1や2とは全く関係ない。製作者のケネディが急死したのも、作品がやや散漫なストーリーになったかも。バータータウンの描き方や女王アウンティは、まるで黒澤「用心棒」の宿場町と悪党のよう。ミラー監督は女性と子供を話の中心にしたがるので、アウンティは、「隠し砦の三悪人」の富樫(藤田進)を思わせる、主人公マックスの好敵手。
    1、2、3、それに「怒りのデス・ロード」まで、マックスはまるで「西遊記」のように行く先々で色々活躍する。「デス・ロード」以降もシリーズは作れなくはないが、悪役がマンネリ化するのは必至。

    違反報告