ワールド・イズ・ノット・イナフ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワールド・イズ・ノット・イナフ

2000年2月5日公開,128分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第19作。監督は「ネル」のマイケル・アプテッド。脚本は「トゥモロー・ネバー・ダイ」のブルース・フィアステイン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド。原案はパーヴィスとウェイド。製作のバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンと音楽のデイヴィッド・アーノルドは「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続く参加。撮影はエイドリアン・ビドル。美術は「タイタニック」のピーター・ラモント。編集はジム・クラーク。出演は「トゥモロー・ネバー・ダイ」に続きピアース・ブロスナン、「ファイアーライト」のソフィ・マルソー、「ワイルド シングス」のデニーズ・リチャーズ、「フル・モンティ」のロバート・カーライル、「危険な動物たち」のジョン・クリーズに加えて、レギュラー陣のデズモンド・ルウェリン(本作撮影後に死去し、遺作となった)、ジュディ・デンチらが登場。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

MI6本部内で石油王ロバート・キング卿が爆殺された。ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は作戦会議上で、M(ジュディ・デンチ)から事件の主犯が元KGBのテロリスト、レナード(ロバート・カーライル)であることを知らされ、彼が卿の娘エレクトラ(ソフィ・マルソー)を狙っていることを知る。父の後を継ぎ、ロシアから中近東、ヨーロッパとまたがる巨大石油パイプラインの計画に取り組むエレクトラの護衛についたボンドだが、ミステリアスな彼女に翻弄されながらもお互いにひかれていく。そんな矢先、レナードが核研究所から大量のプルトニウムを盗んだ。クリスマス・ジョーンズ博士(デニーズ・リチャーズ)と行動を共にしたボンドは、レナードが核兵器を作り上げ、世界を危機に陥れる計画を立てていることを知る。かくしてボンドはレナードの陰謀を阻止すべく奔走し、事件の背後に隠された意外な事実を知るのだった。

作品データ

原題
The World Is Not Enough
製作年
1999年
製作国
イギリス
配給
UIP
上映時間
128分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    2.0
    2020/4/16

    タイトルは、ボンドが登場人物の1人を殺す前に言うセリフだが、脚本は捻りすぎ。
    従来だと、いかれた大富豪が世界を征服しようとするのが定番だが、「ストックホルム症候群」が入って話がややこしくなる。
    メインのボンドガール?のソフィ・マルソーは、「ラ・ブーム」で世界的人気の清純派だったのが、結婚を機にピッチ路線に転向。旦那が監督する映画でオッパイ出しまくりだったが、本作も本人は途中からピッチ転向の設定で出す気満々なれど、 007 のお約束で出せない、残念。役名のエレクトラは、娘の母への憎悪感情を定説化した娘の総称。エディプス・コンプレックスの娘版。
    だがこれって、深読みすると、エレクトラとは製作者のバーバラ”娘”・ブロッコリのことで、娘から亡き父アルバート・ブロッコリへの恨み節とも取れる。
    ただこの話を劇中、ボンドや当のエレクトラに説明させるのはかなり興ざめではある。
    もう1人のボンドガールが、核物理学者のクリスマス。いかにもフレミングが使いそうな名前(笑)。どうみても学者ではない、デニース・リチャーズが演じるが、男女の陰謀もの「ワイルドシングズ」やバーホーベン「スターシップ・トゥルーパーズ」で知られるピッチ系のコケティッシュな女優。
    敵の首領役のロバート・カーライルは、「フル・モンティ」「28週後‥」の役者。本作も上記から立て続けの出演。
    印象的には悪役感が不足。009の弾丸が脳に止まっている設定が全く生かせていない。マクベス夫人に相当する人物とペアでの悪役。
    誰がとは言わないが、オーソン・ウェルズ「市民ケーン」のモデルの新聞王ウィリアム・ハーストの孫娘パトリシアの実話を下敷きにしたのがよく分かる。
    主役のブロスナンだが、本作の前後に、ティム・バートン「マーズ・アタック!」で火星人に首から下を犬に変えられる外交官役だった。今作でも存在感が希薄。見る方で顔をロジャー・ムーアにすげ替えてイメージするしかない。
    何、冒頭のジェットボートだって、「死ぬのは奴らだ」のパロディだし、エレクトラとラブラブでスキーをやるのも「女王陛下」のパロディである。スキー・シーンは最初こそ山の頂上だが、途中からスキー場なのがバレバレになる。クライマックスが「ナバロンの要塞」から脱しているのがやや新鮮だが、それだけ。

    ブロスナンが相変わらずの出来なんで、あと1作も期待できない。次作のボンドガールは、アカデミー主演女優賞受賞者、同候補者と豪華ではあるが、脇役に頼らざるを得ないのがこの頃の 007 のつらい所。
    監督はマイケル・アプテッド。
    どちらかと言うと、ヒロイン物が得意なベテラン監督で、「アガサ 愛の失踪事件」「愛は霧のかなたに(シガニー・ウイーバーとゴリラの話)」「ネル(ジョディ・フォスターが野生児を演じる)」等。道理で本作でも屈折した女性の登場人物、しかも大物女優が出てくる訳だ。納得。

    違反報告