フランソワ・オゾン最新作『グレース・オブ・ゴッド』、7月公開!ポスター&予告編も到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/5/25 11:00

フランソワ・オゾン最新作『グレース・オブ・ゴッド』、7月公開!ポスター&予告編も到着

第69回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を獲得したフランソワ・オゾン監督の最新作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』の公開日が7月17日(金)に決定。本作のポスターと予告編が到着した。

フランソワ・オゾン監督最新作『グレース・オブ・ゴッド』メインビジュアル&予告編が完成
フランソワ・オゾン監督最新作『グレース・オブ・ゴッド』メインビジュアル&予告編が完成[c]2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

フランスで実際に起きた、神父による児童への性的虐待事件をもとに描かれた本作。教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴力を加えた神父の犯行は、一人の勇気ある告発者が現れたことで白日の下にさらされた。結果的に80人を超える被害者が名乗りをあげ、フランスのみならずヨーロッパ全土を震撼させた。

そんな衝撃の事件の映画化に挑んだのは、フランス映画界を牽引する鬼才フランソワ・オゾン。これまでのスタイリッシュな映像表現や挑発的な作風を封印し、健やかで平穏な日々を奪われた子どもたちの魂の叫びに寄り添いながら、彼らが人として尊厳を取り戻すまでの戦いを緻密な演出で描き上げた。証言や事実を忠実に再現しつつ、オゾン監督独自の視点で鋭い問いかけが観る者へ投げかけられる。

解禁されたポスターでは、何者かに触れられ見上げる少年と、背景には加害者であるプレナ神父(ベルナール・ヴェルレー)とかつて彼から性的虐待を受けたアレクサンドル(メルヴィル・プポー)が光の中で向き合う様子が確認できる。さらに予告編では、虐待のトラウマに苦しむ男たちが告発するまでの“葛藤”と、社会や家族との軋轢など告発の“代償”、そして告発によって生まれた“希望”の断片が映しだされ、深いトラウマを抱えた男たちの行動に目を奪われる。

忌まわしい過去を背負った男たちは、たどり着いた先になにを見るのだろうか。決意を胸に立ち上がった彼らの行く末に期待して公開を待ちたい。

文/トライワークス

関連作品