カンヌ絶賛!テレンス・マリック初の実話映画化作がデジタル配信スタート|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/7/8 19:30

カンヌ絶賛!テレンス・マリック初の実話映画化作がデジタル配信スタート

『シン・レッド・ライン』(98)、『ツリー・オブ・ライフ』(11)などで知られる巨匠テレンス・マリック監督が、自らの信念と家族への愛だけでナチスに立ち向かった一人の男を描いた『名もなき生涯』(19)が、本日よりデジタル配信が開始された。

『名もなき生涯』が本日よりデジタル配信スタート
『名もなき生涯』が本日よりデジタル配信スタート[c] 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

第72回カンヌ国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞を受賞し、上映後には万感のスタンディングオベーション&拍手喝采が巻き起こるなど、世界中から大きな注目を集めた本作は、第二次世界大戦下、ドイツの侵攻とともにナチスの支配下に入ったオーストリアを舞台にしたヒューマンドラマ。度重なるナチスドイツの従軍指令とその軍門に降った教会の指示に従わず、ひたすらに自分の信念と妻や娘への愛に生き、36歳で殉教した一人の誠実な農夫フランツ・イェーガーシュテッターの“知られざる生涯”を描いている。

【写真を見る】巨匠テレンス・マリックが心動かされた実話とは?
【写真を見る】巨匠テレンス・マリックが心動かされた実話とは?[c] 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

第32回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『天国の日々』(78)、第49回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞の『シン・レッド・ライン』、第64回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の『ツリー・オブ・ライフ』など、傑作を生み出し続けるテレンス・マリックが、監督人生で初めて実話を映画化。こだわり抜かれた美しい映像や涙を誘うストーリーテリングで、彼の半世紀近いキャリアのなかで頂点を極めたとも言われるほどの、至極の作品となっている。

アウグスト・ディールら名優たちの熱演により重厚な物語がつづられていく
アウグスト・ディールら名優たちの熱演により重厚な物語がつづられていく[c] 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

主演を務めるのは、『イングロリアス・バスターズ』(09)、『マリアンヌ』(16)などに出演し、国際的に活躍するドイツの名優アウグスト・ディール。さらに『ベルリン・天使の詩』(87)、『ヒトラー 〜最期の12日間〜』(04)などで知られ、本作が遺作となった名優ブルーノ・ガンツが、この重厚な物語にさらなる説得力を与えている。名匠と名優たちによって描きだされていく一人の男の物語を、この機会に知ってほしい。

文/トライワークス

関連作品