“ドラマ化不可能”と言われた「セイレーンの懺悔」、新木優子主演で放送決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/7/29 8:00

“ドラマ化不可能”と言われた「セイレーンの懺悔」、新木優子主演で放送決定!

今年デビュー10周年を迎え、“どんでん返しの帝王”の異名を持つ作家、中山七里の衝撃作「セイレーンの懺悔」をWOWOWの”連続ドラマW”枠にて映像化。同枠初出演となる新木優子が主演を務め、10月18日(日)よりWOWOWプライムにて放送される。

新木優子が"連続ドラマW"初出演にして初主演を務める
新木優子が"連続ドラマW"初出演にして初主演を務める

原作は中山の作品のなかでも“ドラマ化不可能”と言われてきたサスペンス。テレビ局を舞台に報道の自由や意義に真っ向から切り込む物語が繰り広げられる。報道記者の朝倉多香美(新木)は、不祥事続きで番組が窮地に立たされながらも誇りを持って仕事に邁進していた。しかし、ある女子高生誘拐事件を追ううちに、自身のつらい過去と向き合っていくことになる。

ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」や「SUITS/スーツ」、『あのコの、トリコ。』(18)などで様々な役柄を演じてきた新木だが、今回は自身初となる記者役に挑戦。「原作・脚本を読み、真実が180度覆されてしまうような衝撃を受け、あまりのおもしろさにすぐに作品のファンになってしまった」とコメントする彼女の新境地にも注目が集まる。

「連続ドラマW セイレーンの懺悔」は全4話。第1話は無料放送となるので、その本格的かつ先読み困難なサスペンスの世界に触れてみてほしい。

関連作品