黒木瞳監督、果敢に挑んだロックな映画『十二単衣を着た悪魔』の舞台裏を語る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/11/8 20:20

黒木瞳監督、果敢に挑んだロックな映画『十二単衣を着た悪魔』の舞台裏を語る

黒木瞳が、『嫌な女』(16)以来4年ぶりに2本目となる長編監督作『十二単衣を着た悪魔』が11月6日より公開中だ。原作は脚本家で小説家でもある内館牧子が、『プラダを着た悪魔』(06)からインスパイアされたという同名小説だ。黒木を突き動かし、メガホンをとらせたのは、ひとえに「この世界観を映画にして世に送りだしたい」という情熱だった。黒木監督に単独インタビューをすると、どんな試練があっても、決して物怖じすることのない“ロックな姿勢”がうかがえた。

主演の伊藤健太郎が演じるのは、就職試験59連敗中で実家暮らしをしているフリーターの伊藤雷。雷は、京大医学部にストレートで合格した文武両道の弟、水(細田佳央太)に引け目を感じていた。雷はある日、「源氏物語」のイベントを設営するバイト帰りに、家の付近で激しい雷雨に見舞われる。目が覚めると、平安時代にタイムスリップしていて、そこは「源氏物語」の世界だった。雷は、皇妃、弘徽殿女御(三吉彩花)と出会い、口から出まかせで陰陽師“雷鳴”を名乗ることに。

『十二単衣を着た悪魔』は11月6日(金)より公開
『十二単衣を着た悪魔』は11月6日(金)より公開[c]2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

2012年の刊行時から原作小説に惚れ込み、映画化を熱望してきたという黒木監督は、前作の制作時と同様に、映画化権の取得や脚本作りの段階からすべてに目配りし、情熱を注いできた。

本作の監督を務めることに迷いやプレッシャーなどはなかったのか?と黒木監督に尋ねると「プレッシャーというか、怖いと言えばいつも怖いんですが、原作がおもしろかったので、これはぜひ映画館でお客様に届けたいという一心から挑みました」と、凛とした表情で答えてくれた。常に毅然とした態度で、自らの意志を貫く皇妃、弘徽殿女御のりりしさとも重なる。

関連作品

  • 十二単衣を着た悪魔

    3.7
    190
    内館牧子が手掛けた長編小説を黒木瞳がメガホンを取り伊藤健太郎主演で実写映画化