中村倫也、芳根京子の“北川景子愛”を暴露!芳根は中村に対抗心!?『ファーストラヴ』舞台挨拶 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/2/11 13:34

中村倫也、芳根京子の“北川景子愛”を暴露!芳根は中村に対抗心!?『ファーストラヴ』舞台挨拶

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー『ファーストラヴ』の初日舞台挨拶が2月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介、板尾創路、木村佳乃、堤幸彦監督が登壇。本作の撮影や宣伝期間を通して“愛”を感じたことを明かすことになると、芳根が「景さん」と北川を見つめてニッコリ。中村が「芳根さん、好きすぎるんですよ。北川さんのこと」と、芳根の大きすぎる“北川景子愛”を暴露した。

『ファーストラヴ』の初日舞台挨拶が開催された
『ファーストラヴ』の初日舞台挨拶が開催された

公認心理師の主人公、由紀(北川)が、父親殺害事件の容疑者である女子大生、環菜(芳根)と面会を重ねるうちに、自分自身の過去の記憶につながる意外な真相にたどり着くさまを描く本作。堤監督は「自信を持ってお届けできる作品だと信じている」と胸を張り、「(自分にとって)ほぼ50本目にあたる作品。全身全霊という言葉がぴったりの作品」と本作にかけた想いを語った。

会場に手を振る北川景子
会場に手を振る北川景子

映画のタイトルにちなみ、“愛”についてのエピソードを披露することとなったこの日。北川は「つい最近、プライベートであったこと」と口火を切り、「佳乃さんとよく連絡を取らせていただいている。『景子ちゃん、大丈夫?疲れていない?』とお電話をいただいた。その声がすごく優しくて、泣きそうになっちゃって。というか、泣いたんです」と照れ笑い。「その電話のあと、頑張ろうと思えた。すごくうれしかったです」と話すと、木村は「恥ずかしい。汗かいちゃいました」と慌てつつも、「まだお子さんが小さいですし、大変だろうなって思って」と北川を気遣っていた。

中村は、撮影中に台本にない十数行に渡るセリフを監督から渡されたことを振り返り、「ゾッっとした。マジですかと思った」と苦笑い。「でもその理由は、『(演じた)迦葉の働いているところをちゃんと見せてあげたいから』だと伺って。そういうところをすくいあげるというアイデアと、“描いてあげたい”と思ってくださったことに愛を感じました」と監督に感謝していた。

芳根京子「うらやましい!」
芳根京子「うらやましい!」

「景さん」と北川への愛を告白したのが芳根。「私も北川さんからたくさん愛をいただいたし、環菜も(北川演じる)真壁先生からたくさん愛をいただいた」と語ると、中村は「芳根さん、好きすぎるんですよ。北川さんのこと」と暴露し、「北川さんが口を開くと、うなずきながら話を聞く」と楽しそうにコメント。芳根は「中村さんが北川さんのことを“景ちゃん”と呼んでいるのがうらやましくて、“景さん”って呼ばせてもらっている」そうで、中村は「怖い、怖い」と芳根の大きすぎる“北川景子愛”にタジタジとなり「ゆずるよ」と笑うなど、息ぴったりのやり取りを繰り広げていた。

また「堤さんと10数年ぶりに仕事をさせていただいた」という窪塚は、「現場に向かう心意気、心構えが、当時より燃え盛っているような感じがした」と堤監督の情熱に惚れ惚れ。共演者たちの熱演にも感激したといい、「それを支えてくれるスタッフの愛もあって、こうやって俺みたいなもんが、またこの場所に呼んでもらって、しゃべらせてもらっていると感じる。本当にありがたい」としみじみと語っていた。

取材・文/成田おり枝

タイトルに秘められた事件の真実とは…『ファーストラヴ』徹底解説動画をチェック!


閉ざされた“愛の記憶”の扉が開く…『ファーストラヴ』特集【PR】

関連作品