【閲覧注意】怪情報“樹海村の事故物件”を潜入調査…「樹海村」は実在した|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/2/28 21:00

【閲覧注意】怪情報“樹海村の事故物件”を潜入調査…「樹海村」は実在した

「樹海には自殺をしそこなった人々の集落が存在しており、そこは樹海村と呼ばれている」。インターネット上でこんな噂がまことしやかにささやかれるようになったのは、2000年代半ばの事だ。当時インターネット掲示板を中心にブームになっていた“ネット怪談”の一つとして世に出たこの噂には、やがて尾ひれがつき、樹海の持つ神秘的なイメージと共に都市伝説と化していった。

【写真を見る】怪情報“樹海村の事故物件”を潜入調査…実在した「樹海村」を緊迫のレポート
【写真を見る】怪情報“樹海村の事故物件”を潜入調査…実在した「樹海村」を緊迫のレポート[c]2021「樹海村」製作委員会

事実、樹海周辺の観光地として著名な「鳴沢氷穴」の地下には広大な空洞が確認されており、毎年樹海で行方不明になる者の多さも相まって、“あながち嘘ではない”という得体のしれない現実感がこの噂にはある。

『樹海村』は実在する?

響(山田杏奈)と鳴(山口まゆ)の姉妹を待ち受けるものとは…
響(山田杏奈)と鳴(山口まゆ)の姉妹を待ち受けるものとは…[c]2021「樹海村」製作委員会

現在公開中の『樹海村』は、この怪談をベースにしたオリジナルの物語で、実際に樹海でロケを行っており、本物の風景のみが持つ画面の緊迫感が映画全体をスリリングなものにしている。
物語は、天沢家の次女の響(山田杏奈)と、長女の鳴(山口まゆ)が幼なじみの家の軒下で、古ぼけた“コトリバコ”を見つけるところから始まる。それがきっかけとなり彼女たちの周りで奇怪な現象が相次ぐようになり、やがてその強力な呪いに導かれるようにして樹海の奥へと進んでいくのだが、そこで彼女たちを待ち受けているものこそが“樹海村”なのだ。

極寒の樹海でハーバリウムを作ったKさん(右)と、Tさん(左)
極寒の樹海でハーバリウムを作ったKさん(右)と、Tさん(左)撮影/黒羽政士

このレポート記事の前編で、『樹海村』のファンプレゼントとして真冬の樹海にハーバリウムを作りにやってきた映画宣伝マンのKさんとTさんは、東京への帰り道の途中、本作の宣伝プロデューサーであるSさんから奇妙な電話を受けた。

完成したハーバリウム、ファンの皆さんにお届けします。
完成したハーバリウム、ファンの皆さんにお届けします。


電話口のSさんは、「“樹海村の事故物件”という噂を聞いたんだ。なんでも、樹海の真ん中にある村に使用されていない大きな建造物があって、その背後はすべて樹海に囲まれているらしい。宣伝の手がかりになるかもしれないから調べてきてくれないかな」という。
東京へ戻りかけていた記者らは、踵を返してSさんの教えてくれたポイントに向かうことにした。

“樹海村の事故物件”へと向かう2人だが…
“樹海村の事故物件”へと向かう2人だが…

撮影/黒羽政士




【閲覧注意】誰も生きては出られない…『樹海村』特集【PR】

『事故物件 恐い間取り』
Blu-ray&DVD 発売中
Blu-ray豪華版(初回限定生産・3枚組):6,700円+税
DVD豪華版(初回限定生産・3枚組):5,800円+税
Blu-ray通常版:4,700円+税
DVD通常版:3,800円+税
発売・販売元: 松竹

『男はつらいよ お帰り 寅さん』
Blu-ray&DVD 発売中
豪華版ブルーレイ(初回限定生産):6,700円+税
豪華版DVD(初回限定生産):5,800円+税
通常版ブルーレイ:4,700円+税
通常版DVD:3,800円+税
発売・販売元:松竹

関連作品

  • 樹海村

    2.8
    110
    『犬鳴村』に続き清水崇監督がメガホンを取る、富士の樹海を舞台にしたホラー映画
  • 事故物件 恐い間取り

    3.2
    569
    事故物件住みます芸人、松原タニシの実体験を著した原作に基づく亀梨和也主演のホラー
    Amazon Prime Video
  • 犬鳴村

    2.9
    303
    『呪怨』の清水崇監督が、心霊スポットとして名高い“犬鳴村”を描くホラー作品
    Amazon Prime Video