大泉洋、イベントでのハプニングにぼやき「なんなのよ」『騙し絵の⽛』公開前夜祭に登壇|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/25 21:00

大泉洋、イベントでのハプニングにぼやき「なんなのよ」『騙し絵の⽛』公開前夜祭に登壇

大泉洋主演映画『騙し絵の⽛』(3月26日公開)の公開前夜祭イベントが、3月25日に丸の内ピカデリーで開催。⼤泉、松岡茉優、宮沢氷⿂、池⽥エライザ、中村倫也、佐野史郎、⽊村佳乃、佐藤浩市、吉⽥⼤⼋監督が舞台挨拶に登壇した。冒頭、ステージ上の大きなパネルで、大泉の顔のビジュアルを覆っていた銀色のシートがすぐに剥がれてしまうというハプニングがあり、キャスト陣が大慌て。大泉は「なんなのよ」とぼやいて会場の笑いを誘った。

銀色のシートがめくれるというハプニングが!
銀色のシートがめくれるというハプニングが!

『騙し絵の⽛』は、人気作家の塩⽥武⼠が、⼤泉洋を主⼈公にあてがきしたベストセラー⼩説の映画化作品。大泉が演じるのは、廃刊の危機に立たされた雑誌の編集長、速水輝役で、彼が生き残りを懸けた大逆転の奇策に打って出る。

曲者の登場人物が揃った本作ということで、自分が曲者だと思う点についてクロストーク。大泉は「私はくせっ毛ですが、性格にはあまりクセがないのではと。私、さっぱりしてません?」と聞かれた松岡は「そうですね」と言うと、宮沢もつられて「はい」と答える。

池田から「大泉さん、曲者転がしみたいな感じはありますね。曲者を転がすのが上手だなと」と褒められた大泉は「そうですね。クセがあるのは嫌いじゃないです。うちの劇団(TEAM NACS)はクセだらけですから。僕は髪くらいです」とうなずいた。

高野恵役の松岡茉優
高野恵役の松岡茉優

松岡は「私はよく気持ち悪がられるのは、モーニング娘。が大好きで、よく泣くんです。みんなの魅力を話そうとするとね。あれは止められるものではないです」と言うと、大泉は「全然大丈夫」とうなずく。

松岡が「じゃあ、今度一緒にコンサートへ」と笑顔で誘うと、大泉は「コンサートはご遠慮したいです」とバッサリ言い捨て、会場を笑いに包んだ。

続いて、宮沢が「僕は、なにかを買うと、消費したい欲が強くなります。洗剤を買って詰め替えた瞬間、それをゼロにしたくなる」と言うと、大泉は「どういうことですか?」とツッコむ。登壇者の賛同をまったく得られなかった宮沢は苦笑い。

また、池田は「私は仕事が終わったあと、帰るのが早いんですが、最近自分で気づいて危ないなと思ったのは、行きの車で帰りの算段を立てていること」だそうで、「クランクアップでいいお話をされている時も……」と池田が言うと、大泉が「俺のクランクアップコメント、長いからね。あ!いまも長いと思ってる?」とツッコむ。池田は「すいません!」と言って、会場の笑いをとった。

和気あいあいとクロストーク
和気あいあいとクロストーク

最後に大泉が、「本作は去年の6月公開の予定でしたが、やっと明日、公開になります。でも、いま公開する意味があるんだろうなと。閉塞感ある時代ですが、そういう時に観て、とても気持ちのいいスカッとするエンターテインメントの映画だと思います。気持ちよく乗っかって、気持ちよく騙されていただけたらと」と言って、舞台挨拶を締めくくった。

取材・文/山崎伸子

関連作品