『アナザーラウンド』ヴィンターベア監督、亡き娘に賞を捧げる…国際長編映画賞受賞スピーチ全文&受賞後インタビュー - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/4 14:30

『アナザーラウンド』ヴィンターベア監督、亡き娘に賞を捧げる…国際長編映画賞受賞スピーチ全文&受賞後インタビュー

トマス・ヴィンターベア監督 国際長編映画賞受賞後インタビュー

監督賞と国際長編映画賞にノミネートされ、国際長編映画賞を受賞
監督賞と国際長編映画賞にノミネートされ、国際長編映画賞を受賞画像はThe Academy(@theacademy)公式Instagramのスクリーンショット

ーー この映画の背景にあるストーリーを教えてください。

「この映画の背景には長いストーリーがあります。始まりは2013年にさかのぼります。そもそもは、アルコールに賞賛を贈る物語でした。それが、それ以上の物語に発展していきました。 スウェーデンの人々はすでにご存知のように、スピリットはアルコール以上のものを意味します。そして、この映画がただ存在するのではなく、生きることについての映画になっていることを願っています」

血中アルコール濃度に関する実験に取り組む高校教師を描く
血中アルコール濃度に関する実験に取り組む高校教師を描く[c]2020 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa Sweden AB, Topkapi Films B.V. & Zentropa Netherlands B.V. 

ーー映画の撮影中、あなたやあなたの家族にとってはもちろん困難な状況だったと思いますが、俳優やキャスト、スタッフがあなたの家族の一員のようになっていたと思いますか?

「この映画のキャストとスタッフは私の友人です。 ほとんどの人は以前から一緒に仕事をしていました。なかには、25年も一緒に仕事をしている人もいます。今作では、プライベートな事情もあり、通常よりも非常に親密な関係になりました。親しくなればなるほど、居心地の良さを感じ、自分の安全地帯を離れることができると思います。それが、この映画で私たちが一緒に成し遂げたことだと思います」

文/平井 伊都子

関連作品

  • アナザーラウンド

    -
    24
    マッツ・ミケルセン主演で血中アルコール濃度に関する実験に取り組む高校教師を描く
  • 偽りなき者

    4.3
    2
    マッツ・ミケルセン主演、変質者の烙印を押された男が自身の尊厳のため戦う