ペネロープ役は満島ひかり!日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』ワクワクが止まらない予告編解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ペネロープ役は満島ひかり!日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』ワクワクが止まらない予告編解禁

映画ニュース 2021/11/10 8:00

ペネロープ役は満島ひかり!日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』ワクワクが止まらない予告編解禁

日本上陸から55年、完全新作でよみがえる日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』(2022年1月7日公開)の予告編が解禁となり、超豪華日本語キャスト陣からの熱いメッセージも到着した。

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。『シン・ゴジラ』(16)コンビの樋口真嗣監督や庵野秀明監督がファンを公言し、世界でも、『2001年宇宙の旅』(68)、『スター・ウォーズ』シリーズ、『007』シリーズに影響を与えた伝説的作品として知られている。

解禁となった予告は、お馴染みの「5(ファイブ)!4(フォー)!3(スリー)!2(トゥー)!1(ワン)!」のカウントダウンからスタート。1967年の日本放送時のメインテーマに日本語の歌詞をつけた「サンダーバードの歌」がドラマチックに流れ、サンダーバード基地から、カモフラージュされた椰子の木が倒れ、出動する超大型輸送機【サンダーバード2号】、同じくカモフラージュされたプールの下から飛び立つ超音速友人ロケット【サンダーバード1号】の他、巨大宇宙ロケット【サンダーバード3号】、海底深く潜る水陸両用機【サンダーバード4号】、国際救助隊の宇宙ステーション【サンダーバード5号】などが次々と登場し、往年のファンならずとも、胸アツの展開に。そして、絶体絶命の危機に瀕しながらもスーパーメカを駆使して立ち向かう【国際救助隊】トレーシー一家による活躍する姿や、国際救助隊員ペネロープの美しい姿も登場する。

豪華日本語キャスト陣情報も合わせて解禁となり、ペネロープの声を満島ひかりが務めることが明らかとなった。初代ペネロープの声は黒柳徹子が担当していたが、「トットてれび」で黒柳役を演じた満島が黒柳からバトンタッチする形となった。満島は「シュールでおしゃれすぎる、ツッコミどころ満載な「サンダーバード」の世界に、私も大ハマりです!」とコメント。ペネロープの相棒、執事パーカー役で共演した井上和彦からは「とても華があって、明るくて、ペネロープにピッタリ!その上とても努力家で、研究熱心な方だなと思いました」とプロからもお墨付きのコメントも。予告編の最後では、満島が「久しぶりの出番でワクワクするわね、ねぇパーカー」と問いかけ、パーカーが「はい、お嬢様」と返答。公開への期待が一層高まる映像となっている。そのほか、大塚芳忠、森川智之、日野聡、櫻井孝宏、江口拓也、堀内賢雄、立木文彦ら大ベテランから大人気声優まで豪華な顔ぶれが集結している。


劇場公開翌日の2022年1月8日からはオンライン上映も決定している本作。1965年の劇場版でスコット・トレーシーを演じた大塚が、半世紀の時を経てパパ、ジェフ・トレーシーを演じるというファン感涙ポイントもあり。伝説的作品の奇跡の完全新作、公開日までワクワクが止まらない。

関連作品