長澤まさみ「おなじみのキャラクターたちも、この映画のなかにちゃんといます」『コンフィデンスマンJP 英雄編』ワールドプレミアが開催|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2022/1/10 19:58

長澤まさみ「おなじみのキャラクターたちも、この映画のなかにちゃんといます」『コンフィデンスマンJP 英雄編』ワールドプレミアが開催

人気ドラマの映画化シリーズ第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』(1月14日公開)のワールドプレミアが、1月10日にTOKYO DOME CITY HALLで開催。長澤まさみ東出昌大、小手伸也、小日向文世、松重豊、瀬戸康史、城田優、生田絵梨花、角野卓造、江口洋介、田中亮監督が登壇し、レッドカーペットを歩いた。長澤は「おなじみのキャラクターたちも、この映画のなかにちゃんといますし、ダー子、ボクちゃん、リチャードが、今回新たに加わったメンバーと共に、『コンフィデンスマンJP』最大のおさかなをねらって、真剣勝負を繰り広げます」と力強く語った。

「コンフィデンスマンJP」シリーズは、コンフィデンスマン=信用詐欺師たちが、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取るという痛快エンターテインメントコメディ。美しきコンフィデンスウーマン、ダー子役を長澤が、若きコンフィデンスマン、ボクちゃん役を東出が、百戦錬磨のコンフィデンスマン、リチャード役を小日向が演じている。

ダー子役の長澤まさみ
ダー子役の長澤まさみ

本作の舞台が地中海の島、マルタ島ということで、長澤は「マルタ島は世界遺産ですから、やはり景色がとてもきれい。ちょっと旅した気分になれるんじゃないかな」と言うと、小手が「僕は最高傑作だと思ってます!」と堂々とアピール。

長澤から「どういったところが最高傑作だと思ってますか?」とツッコまれると、小手は「ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人が騙し合いバトルを繰り広げるという展開は運勢編でもちょっとありましたが、がっつり描くのは今回が初めて。誰が一番強いのかを決めるのは、男の子たちのワクワクするところです。今回はツチノコ(角野卓造)が出てきて、3人の過去がつまびらかにされます。さらに警察の追手も迫ってくる。見どころ尽くしですね」と流暢に解説。

ボクちゃん役の東出昌大
ボクちゃん役の東出昌大

東出が「全部話してくれた。本当に」と感心すると、小手は長澤たちのリアクションについて「僕が返したことに対しては全部スルーするね」とイジケるも、長澤は「“そうだな”と思って聞きいっちゃいました」とうなずく。

続いて小日向は「ゲストが豪華でみんなカッコイイんです。今回はおもしろさとカッコ良さがバリバリに出てくる感じ。そのなかでも見逃せないのがリチャード。クール!」と自分の役を称え「僕の代表作になるんじゃないかと。これで引退してもいいや、と」とご満悦だ。

リチャード役の小日向文世
リチャード役の小日向文世

マルセル真梨邑役の瀬戸は「すごくハードルが高い役どころだったんですが、本当に和気あいあいとした現場ですんなり入ることができて、変な緊張もなくなりました」と言うと、小日向が「瀬戸くん、ベビーフェイスなんですが、ちょっと怖い感じで、リチャードの次にカッコ良かったです」と笑顔で言うと、長澤は「譲らないですね」と呆れながら笑う。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

また、ジェラール・ゴンザレス役の城田は今回英語とスペイン語のみの役柄だったが「僕のための役みたいな感じでした。母親がスペイン人なので。スペイン語でお芝居するのは初めてでしたが、自分の新たな可能性が見えました」と喜ぶ。長澤は「英語の先生も時々してくれました。本当に助かりました」と感謝した。

取材・文/山崎伸子

関連作品