藤原竜也&松山ケンイチが明かす、再タッグへの想いと役者としての責任感「結婚や人生の蓄積が非常にいいパワーに」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
藤原竜也&松山ケンイチが明かす、再タッグへの想いと役者としての責任感「結婚や人生の蓄積が非常にいいパワーに」

インタビュー 2022/2/4 13:00

藤原竜也&松山ケンイチが明かす、再タッグへの想いと役者としての責任感「結婚や人生の蓄積が非常にいいパワーに」

生まれ育った島を守るため、家族を守るために行った殺人の隠ぺいが、島全体を巻き込む巨大な狂気へと変貌していく新感覚サスペンス『ノイズ』(公開中)。筒井哲也の同名コミックを廣木隆一監督が映画化した本作で、自らが犯した殺人を隠ぺいする農家の男、圭太を演じた藤原竜也と、彼を手助けする幼馴染みの猟師、純に扮した松山ケンイチ。『デスノート』2部作以来15年ぶりにガッツリ共演した2人が、充実の撮影と久しぶりの共演について語ってくれた。

筒井哲也の同名コミックを映画化した『ノイズ』は公開中
筒井哲也の同名コミックを映画化した『ノイズ』は公開中[c]筒井哲也/集英社[c]2022 映画「ノイズ」製作委員会

「まるで同級生が集まって映画を撮っている感じで、新鮮で楽しかった」(藤原)

――今回の『ノイズ』の現場はいかがでしたか?

【写真を見る】『デスノート』以来のガチ共演、藤原竜也と松山ケンイチを撮り下ろし!
【写真を見る】『デスノート』以来のガチ共演、藤原竜也と松山ケンイチを撮り下ろし!撮影/興梠真穂

藤原「僕は廣木隆一監督の現場は初めてだったんですけど、監督の演出の意図で何度も行われる長回しの撮影により、非常にいい緊張感を持って芝居ができておもしろかったです」

松山「僕は、竜也さんが死体を運ぶのを見て、すごく慣れてるな~と思いました(笑)」

藤原「慣れてないよ!(笑)」

松山「(笑)。でも、どの作品を観ても説得力があって、芝居をしている感じがしないんですよね。それと、今回の現場はおもしろくて濃い俳優さんばっかりで。廣木監督が俳優に人気のある監督だから、みんな集まったんでしょうね。(町長の補佐、野毛を演じた)迫田孝也さんとも久しぶりでしたね」

藤原「でも、僕も松ケンも迫田さんのことを歌舞伎の人だと思っていたので、一緒に食事に行った時に『迫田さん、歌舞伎の方ですか?』って聞いたんです。そしたら『いや、僕、(藤原、松山と同じ)ホリプロ』ですって言うから盛り上がっちゃって。なぜか、それから“迫田さんをイジる会”が始まったんです(笑)」

――圭太と純を慕う新米駐在員の真一郎を演じた神木隆之介さんとの共演はいかがでした?

藤原「神ちゃんはある種の天才ですよね。締めるところは締めるし、芝居も人間的にもしっかりした人だけど、くだらない話もしたり、松ケンにも懐いていって、魅力的な人だなと思いました」

島の警官、守屋真一郎を神木隆之介が演じる
島の警官、守屋真一郎を神木隆之介が演じる[c]筒井哲也/集英社[c]2022 映画「ノイズ」製作委員会

松山「竜也さんも天才だと思うんですけど、神木くんも天才です。声優としての才能もあって、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で大人になった主人公のシンジの声が神木くんって知った時はビックリしました。作品の世界に溶け込むんですよね。それがすごいと思うんです。僕もアニメが好きなので、今回の現場では神木くんから『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を教えてもらって。僕はそれを観て、ずっと涙を流していましたね」

――役柄について話すことはなかったんですか?

藤原「一切ないよね?」

松山「なかったですね(笑)」

藤原「今回のキャストで役について話した人はひとりもいない(笑)」

――廣木監督とはさすがに話したんじゃないですか?

藤原「監督とも深い話はしてなんじゃない?」

廣木監督が自身のアドリブをすぐ受け入れてくれたと語る松山
廣木監督が自身のアドリブをすぐ受け入れてくれたと語る松山撮影/興梠真穂

松山「そうですね。永瀬正敏さんが演じられた刑事との緊迫感のあるシーンの時に、すぐそばにあった斧を手にしたんです。それを持っていたら怖いだろうな~と思って、アドリブでやったんですけど、廣木さんは『えっ、それ持つの?』と言ったあと、僕が『はい』って答えたら、『おっ、そうか。じゃあやろう』ってすぐに受け入れてくれて。絶対に『それ、いる?』とは言わないんですよね(笑)」

藤原「そうだね。自由にやらせてくれるし、俳優のアイデアを活かしてくれる。誰よりも脚本を読んで、原作を読んで、世界観を理解していると思うんだけど、それを瞬間的に崩すのもおもしろかったです」

松山「撮影もすごく速いですよね」

藤原「速い! 僕らがホテルのロビーに帰ると、監督はもう呑みに出るところだったり(笑)」

松山「呑むのも香盤表に入ってるんでしょうね、監督のなかでは(笑)」

藤原「いや、本当にすごい組でしたよ」

――具体的にどんなところにすごさを感じたんですか??

殺人の隠蔽によって新たな悲劇が次々と訪れる
殺人の隠蔽によって新たな悲劇が次々と訪れる[c]筒井哲也/集英社[c]2022 映画「ノイズ」製作委員会

藤原「現場では監督がまずカメラワークを確認して、それから俳優部を呼んでリハーサルやテストをするわけですけど、そこで監督が『じゃあ、このシーンもワンカットで行けるね』という会話をしていることが多くて。そうすると、僕らもやる気が出るんです。このシーンをワンカットでどう撮ってくれるんだろう? 次もワンカットで撮るのかな?っていうのが毎回楽しみでね。それに僕と松ケンが15年ぶりにガッツリ組んで、神ちゃんとの3人が約1ヶ月間ずっと一緒にいたから、まるで同級生が集まって映画を撮っている感じがして。それが僕としては新鮮で楽しかったです」

関連作品