『シン・仮面ライダー』は“初心者”でも楽しめる?「テンポに圧倒される」「めちゃくちゃ泣いた…」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『シン・仮面ライダー』は“初心者”でも楽しめる?「テンポに圧倒される」「めちゃくちゃ泣いた…」

コラム

『シン・仮面ライダー』は“初心者”でも楽しめる?「テンポに圧倒される」「めちゃくちゃ泣いた…」

シン・ゴジラ』(16)で総監督を務め、『シン・ウルトラマン』(21)で企画&脚本を担当した庵野秀明がメガホンをとった『シン・仮面ライダー』(公開中)。公式Twitterで「#シン仮面ライダーみた」のキャンペーンがスタートするや長時間にわたりトレンド入りを果たしたが、特に注目したいのは、「仮面ライダー」に詳しくない、ライトな層からの支持の声が意外にも多く見られたことだ。本作のどんな点が胸に刺さったのか、ユーザーの声からひも解いてみたい。

石ノ森章太郎原作の「仮面ライダー」は1971年にテレビシリーズの放送が開始されて以降、半世紀以上にわたって愛されてきた。『シン・仮面ライダー』では、この初代「仮面ライダー」をベースにしたオリジナルストーリーが展開する。世界征服を企む組織「SHOCKER」によってバッタオーグに改造された本郷猛(池松壮亮)は、緑川弘博士(塚本晋也)とその娘、緑川ルリ子(浜辺美波)と共に組織を裏切り、逃亡。追手を迎え撃つ本郷だが、相手を殺してしまったことに苦悩する。しかし緑川博士からルリ子のことを託されたことで、「仮面ライダー」としてSHOCKERと戦うことを決意。のちに仮面ライダー第2号の一文字隼人(柄本佑)とも共闘することになる。

「仮面ライダー」初心者でも問題なし!“推し”ができたという声も

初代から受け継がれた仮面ライダーとサイクロン号のデザインは、新たなファンにも刺さっているようだ
初代から受け継がれた仮面ライダーとサイクロン号のデザインは、新たなファンにも刺さっているようだ[c]石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

「仮面ライダー」マニアたちの熱い投稿のなかにあって、ひと際目を惹いたのが、前述したような「仮面ライダー」にあまり親しみがない初心者からの声だ。「めっっっちゃカッコよかった!!!!仮面ライダーは見たことなかったけれど、おもしろくて楽しめました」「仮面ライダーの知識がほぼなくても楽しめました…!」「夫の付添状態で私ほとんど知識なく見たけど楽しめた」と、前知識なしで観ても、熱量高く楽しめているようだ。

なかには、「空気感が刺さりました。全てがかっこいい訳じゃない、仮面ライダーを観たことがなかった私にとっては新しいヒーロー像でした。映画ももう一度観ようと思うし、原作も読もうと思います」と、知識がなくとも、『シン・仮面ライダー』自体のリピーターになったユーザーもいる模様。


2人が築いていく信頼関係が、ドラマの背骨として機能する
2人が築いていく信頼関係が、ドラマの背骨として機能する[c]石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

キャスティングについての声も多く、「起承転結が綺麗にしまってて何回も見たくなる作品だった。俳優も最初は変わってると思ったが見てみると1番適役だったと感じるほど良かった」といった意見も。まずは仮面ライダー1号、第2号の本郷、一文字についてのコメントから紹介しよう。

「場面がとても美しい作品と感じた。仮面を脱いで夕暮れでたたずむ本郷のシーン。あれほど美しいと思った風景はない」
「池松壮亮さんの演技、すごい!『安心しろ』の言葉でルリ子だけでなく、観てる自分も安心した!笑」
「一文字隼人かっこよかったです。テンポに圧倒されるかもしれないけど、そこが良さ」

緑川ルリ子の抱える孤独を、浜辺美波が繊細に表現する
緑川ルリ子の抱える孤独を、浜辺美波が繊細に表現する[c]石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

また、浜辺演じるヒロイン、緑川ルリ子の存在感も際立っていたようだ。
「仮面ライダーを観に来たつもりが、目が終始ルリルリを追いかけてる始末。適度なツンデレ感が最高」
「ほんと、浜辺美波さんの佇まいというか造形というか、美しさ半端ないな、前に別の作品でも思ったけど。畳に座ってパソコンしてる背中まで綺麗だった」
「ルリルリやっぱりかわいい…特にパーカー姿。そりゃハチオーグもややこしい感情にもなるよね」

豪華キャストが演じたオーグのなかでの、自身の“推し”について語るコメントは熱量が高く、なかでも、緑川イチローことチョウオーグの仮面ライダー第0号(森山未來)、サソリオーグ(長澤まさみ)、クモオーグ(大森南朋)、ハチオーグ(西野七瀬)、カマキリカメレオンオーグことK.Kオーグ(本郷奏多)などの名前が多く上がっていた。

「イチロー兄さん最高」
「蝶はさすがダンサーで動きが素敵だった。背中の配線?が好き」
「毎日ハチオーグ(西野七瀬)の『あらら』で頭がいっぱいです。それでも飽きない。魔性の魅力がある」
「ハチオーグのルリ子への歪んだ愛の理由を察してしまったので、もう1回観に行かなくては…」
「クモオーグ様がめっちゃカッコよかったです。ハチオーグ様とはぜひお友達になりたい…。K.Kオーグ様とは一緒にクモ先輩と呼んでみたいです」

関連作品

  • シン・仮面ライダー

    3.8
    2506
    「新世紀エヴァンゲリオン」などを手掛けた庵野秀明が監督を務める人気シリーズの映画化
    Amazon Prime Video
  • シン・ウルトラマン

    3.9
    7625
    『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組みウルトラマンを映画化
    U-NEXT
  • シン・ゴジラ

    4.2
    1427
    庵野秀明が総監督・脚本を務める「ゴジラ」シリーズ第29作
    Amazon Prime Video U-NEXT