ぼる塾、『BAD LANDS バッド・ランズ』の安藤サクラにぞっこん!「すべてかっこよすぎる」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
ぼる塾、『BAD LANDS バッド・ランズ』の安藤サクラにぞっこん!「すべてかっこよすぎる」

インタビュー

ぼる塾、『BAD LANDS バッド・ランズ』の安藤サクラにぞっこん!「すべてかっこよすぎる」

黒川博行の傑作小説を原田眞人監督が映画化した『BAD LANDS バッド・ランズ』が、9月29日(金)より公開となる。本作で、危険な世界を生き抜こうとする主人公、ネリの美しさと強さを躍動感たっぷりに体現しているのが、名実共に日本を代表する女優となった安藤サクラだ。今回MOVIE WALKER PRESSでは、いち早く映画を鑑賞したお笑いカルテット「ぼる塾」のきりやはるか、あんり、田辺智加にインタビューを敢行。「ネリが自分を励ましてくれる存在になりそう」と声を弾ませ、ネリの弟であるジョーを演じた「山田涼介さんの見たことのない姿を目撃できる映画!」と興奮冷めやらぬ様子で語ってくれた3人の感想を、前後編でたっぷりお届け。前編では、「ぼる塾」がネリに惚れ込んだ理由、そして自分たちにとっての、憧れの女性までを語ってもらった。

「知らない世界の裏側を覗き見ているようで、ものすごくおもしろかった!」(きりや)

本作は、特殊詐欺に加担するネリと、弟のジョーがある夜、億を超える大金を手にしてしまったことで、様々な巨悪にねらわれる姿を描くクライムサスペンス。次第に明らかになるネリとジョーの過去、なにが真実で嘘なのか、誰が敵で味方なのかわからない、予測不能の展開が連続する。

安藤サクラと山田涼介が、危険な世界を生きる姉弟役として共演を果たした
安藤サクラと山田涼介が、危険な世界を生きる姉弟役として共演を果たした[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

――まずは『BAD LANDS バッド・ランズ』をご覧になった率直な感想を教えてください。

あんり「特殊詐欺に加担する姉弟が描かれると聞いていたので、“難しい映画なのかな”“集中して観なきゃ”と覚悟していました。でも、そんなふうに構える必要は全然なかったなと思って。皆さんの演技力や目まぐるしいストーリー展開に、あっという間に巻き込まれていきました。めちゃめちゃおもしろかったです!」

田辺「すごかったよね。スリリングで、ハラハラドキドキするような疾走感があって。もちろん詐欺グループなんてまったく知らない世界のことなのに、堅苦しい説明がなくても、振り込め詐欺って、ああいう場所で、あんなふうにやっているのか…とわかる。犯罪現場の描き方がリアルで驚きました」

きりや「知らない世界の裏側を覗き見ているようで、ものすごくおもしろかったです。映画のなかに自然と引き込まれていきました」


ぼる塾は「安藤サクラさんが演じたからこそ、雑な行動すら上品に感じられるようなネリになった」と分析
ぼる塾は「安藤サクラさんが演じたからこそ、雑な行動すら上品に感じられるようなネリになった」と分析[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

あんり「きっと緻密な取材をして、あの闇の世界を描いているんだろうね。私たちがいるのとは違った世界があって、そこにも生きている人がいて、それぞれに物語があるんだなというのがすごく伝わってきました。あとなによりも主人公のネリがね…本当にカッコよくて!」

きりや&田辺「カッコよかったー!」


2人の生き方に、誰もが鼓舞される。『BAD LANDS バッド・ランズ』特集【PR】

関連作品

  • BAD LANDS バッド・ランズ

    4.1
    2936
    特殊詐欺に加担する姉弟が大金を手にしたことで巨悪から追われることになる、黒川博行の小説「勁草」を映画化