「涙なしには見られない!」ARMYライターがBTSの10年の軌跡をたどる「BTS Monuments: Beyond The Star」を徹底レビュー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「涙なしには見られない!」ARMYライターがBTSの10年の軌跡をたどる「BTS Monuments: Beyond The Star」を徹底レビュー

コラム

「涙なしには見られない!」ARMYライターがBTSの10年の軌跡をたどる「BTS Monuments: Beyond The Star」を徹底レビュー

2013年にデビューし、今や世界的大スターとなったBTS。そんな彼らのデビュー前から現在までの10年間の軌跡を追ったドキュメンタリーシリーズ「BTS Monuments: Beyond The Star」が、ディズニープラスで12月20日から独占配信中だ。そこで本稿では、全8話の見どころとともに、7人の10年間の軌跡を振り返っていく。

【写真を見る】“完全体”としてのカムバックは2025年予定。BTSの知られざる苦悩や未来への思いが明らかに
【写真を見る】“完全体”としてのカムバックは2025年予定。BTSの知られざる苦悩や未来への思いが明らかに[c]2023 BIGHIT MUSIC & HYBE

デビューまでの日々、成功の裏にあった苦悩…BTSメンバーの心中が明らかに

第1話は「始まり」。コロナ禍になる直前、「ON」のプロモーションでアメリカへ渡り、数々のメディアに出演して華々しく活躍する7人が映される。幻となってしまった2020年のワールドツアー「MAP OF THE SOUL TOUR」は、もし開催されていれば日本ではなんと12公演をも予定していた。本編では、ツアー中止を聞いた際のメンバーたちの反応や、当時の心境を7人が振り返り、赤裸々に語るインタビューも収録されている。

BTSメンバーがデビューまでのつらい日々やコロナ禍での生活を振り返る
BTSメンバーがデビューまでのつらい日々やコロナ禍での生活を振り返る[c]2023 BIGHIT MUSIC & HYBE

また、RMSUGAJINJ-HOPEJIMINVJUNG KOOKからなる7人組の彼らが、いかにして「BTS」となったのか。まさに第1話のタイトルどおり、彼らの“始まり”がどのような物語だったのかが、懐かしいデビュー映像と共に語られていく。BTSのマンネ(末っ子)・JUNG KOOKの高校入学式にメンバー全員で参加したり、JINが宿舎(当時は全員で共同生活を送っていた)で料理をする姿など、まるでホームビデオを見ているかのような微笑ましい映像もたっぷりと収録。本編でSUGAが「メンバーは家族」と話していたように、J-HOPEが「この6人を信じてやっていこうと決めた」と語るように、共同生活やつらい練習を経て、彼らの絆が深まったことがよくわかる。また、BTSの生みの親であるパン・シヒョクのインタビューも必見だ。

第2話のタイトルは「青春」。BTSは2016年、初めてソウルオリンピック体操競技場でライブを開催。今ではドームどころかスタジアム級の会場ですらチケットが入手困難である彼らだが、当時は約15,000人キャパの会場を見渡してVが「本当に埋まるの?」と聞いている場面がある。JIMINも「チケットが完売するか不安だった」と明かしていた。

Vが「成功するか不安だった」と語ったソウルオリンピック体操競技場でのライブ
Vが「成功するか不安だった」と語ったソウルオリンピック体操競技場でのライブ[c]2023 BIGHIT MUSIC & HYBE

ARMY(BTSのファンネーム)に向けられたファンソング「2! 3!」についての想いも。「2! 3!」には「悲しい日々は忘れて花道だけを歩こう」「もっと良い日のために僕たちは一緒にいる」という願いが込められている。SUGAは「アイドルに対する視線が厳しい時代だった。あの歌詞は当時だから書けた」と振り返り、RMも「新曲を公開しても批判が多く、つらい日々を過ごした」と明かした。そんな日々を一緒に駆け抜けたARMYへ贈った楽曲「2! 3!」は、BTSにとってもARMYにとっても、大きな意味を持つ一曲だ。「当時は悔しかったが、そういう出来事があるとファンダムも成長する。その時にできた免疫がいまのBTSとARMYを創った」というRMの頼もしい言葉に、「さすがウリリーダー、RM!」とグッときた。


そんなつらい時期を経て、BTSは世界最大級のK-POP音楽授賞式「MAMA AWARDS」で初の大賞を受賞。以降、現在まで大賞の常連となるわけだが、当時の彼らは知る由もない。その後すぐに渡米した7人は「2017 ビルボード・ミュージック・アワード」で「トップ・ソーシャル・アーティスト賞」を初めて受賞。「“次のステージに進める”と思った」とパン・シヒョクが語るように、この受賞をきっかけに、BTSは一気に世界的アーティストへと上り詰めていく。JIMINは大躍進を遂げた2017年について「笑うことが多い1年で、ずっと笑顔が絶えなかった。メンバーたちだけで祝い酒を飲んだ」と笑顔で振り返っており、まさに“青春”を謳歌している7人の姿を見ることができる。

「MAMA AWARDS」で初めて大賞を受賞したことをきっかけに一気に世界的アーティストへ飛躍
「MAMA AWARDS」で初めて大賞を受賞したことをきっかけに一気に世界的アーティストへ飛躍[c]2023 BIGHIT MUSIC & HYBE

しかしそんな青春真っ盛りな彼らであったが、徐々に強いプレッシャーに恐怖を感じ、「全員が辞めたいと思っていた。でもこの気持ちは、7人以外は知らなかった」という衝撃的な告白も…。JINは「注目を浴びることが精神的に辛くて重圧に負けそうだった」と話す。筆者は個人的に、この時期を振り返るインタビューを見ているのがとても苦しかった。あんなにメンバーのことが大好きなJIMINでさえも、「当時はメンバーと一緒にいるのがキツかった」と話していることに、衝撃を受けた。そして、そんな全員が苦しい状況の中で生まれたのが、BTSの大ヒット曲のひとつである、「FAKE LOVE」だ。


関連作品

  • j-hope IN THE BOX

    4.8
    1681
    BTSのJ-HOPEのソロアルバム「Jack In The Box」の制作に密着したドキュメンタリー
    Disney+
  • SUGA: Road to D-DAY

    5.0
    2743
    BTSのSUGAがソロプロジェクトの中で世界を旅する姿を記録したドキュメンタリー
    Disney+
  • BTS: Yet To Come in Cinemas

    4.9
    28155
    2022年10月に開催された「BTS<Yet To Come> in BUSAN」を映像化
  • BREAK THE SILENCE:THE MOVIE

    4.9
    4549
    韓国の男性7人組アーティスト、BTSのワールドツアーに密着したドキュメンタリー