クリストファー・ノーラン監督の集大成。『インセプション』『インターステラー』など過去作の手法から紐解く『オッペンハイマー』へのこだわり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
クリストファー・ノーラン監督の集大成。『インセプション』『インターステラー』など過去作の手法から紐解く『オッペンハイマー』へのこだわり

コラム

クリストファー・ノーラン監督の集大成。『インセプション』『インターステラー』など過去作の手法から紐解く『オッペンハイマー』へのこだわり

今年のアカデミー賞で最多の13部門ノミネートを達成し、作品賞でもフロントランナーの位置につけている『オッペンハイマー』(3月29日公開)。今回の賞レースでは、クリストファー・ノーラン監督のこれまでの功績も讃えられている。ノーラン監督作が、アカデミー賞作品賞にノミネートされたのは『インセプション』(10)、『ダンケルク』(17)に続いて今回で3度目。それ以前の『ダークナイト』(08)が大ヒットを記録し、作品も高評価だったにもかかわらず、作品賞にノミネートされなかったことが要因で、翌年からアカデミー賞作品賞のノミネート枠数が、それまでの5枠から最大10枠にまで広げる措置がとられた。ノーランはアカデミー賞の歴史も動かしたわけである。

原子爆弾を開発した物理学者の人生を描いた、クリストファー・ノーラン監督の最新作『オッペンハイマー』(3月29日公開)
原子爆弾を開発した物理学者の人生を描いた、クリストファー・ノーラン監督の最新作『オッペンハイマー』(3月29日公開)[c]Universal Pictures. All Rights Reserved.

そのほかにも『メメント』(00)が2部門ノミネート。『インターステラー』(14)は5部門ノミネートで1部門受賞。『TENET テネット』(20)は2部門ノミネートで1部門受賞など、ノーラン作品はアカデミー賞の常連。その流れで今回の『オッペンハイマー』につながったのである。ノーラン自身は脚本賞や監督賞などノミネート経験はあるものの、受賞はゼロ。今回の監督賞では悲願のオスカー獲得に期待がかかる。

 第93回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した『TENET テネット』
第93回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した『TENET テネット』[c]EVERETT/AFLO

このように『オッペンハイマー』は、クリストファー・ノーランにとって、ひとつの集大成と言えるが、同時に彼のこれまでの作品を振り返ると、「新たな1ページ」という印象もある。第二次世界大戦下で、原子爆弾開発の中心人物として携わった物理学者、J・ロバート・オッペンハイマーの人生を描く「伝記映画」というのが、ノーラン作品では異色だからだ。ただし、これまでの監督としての軌跡を振り返れば、なぜここに到達したのかにも想像を広げることができる。

時間逆行や革新的な映像表現。そのこだわりは初期作品から

2作目の『メメント』では、映画における“時間”に対し独自の表現を追求
2作目の『メメント』では、映画における“時間”に対し独自の表現を追求[c]EVERETT/AFLO

クリストファー・ノーランにとって初の長編監督作は1999年の『フォロウィング』。続く2作目の『メメント』で、その才能が映画ファンの間にも広く知れわたったが、『フォロウィング』では時系列がシャッフルされ、『メメント』では10分前の記憶を忘れる男を主人公に、時系列を逆方向に描くなど、映画における“時間”に対し、独自の表現を追求するスタンスに、映画作家としての原点を感じさせた。これは後の監督作で、さらに深掘りされることになる。

ヒース・レジャーがアカデミー賞助演男優賞を受賞した『ダークナイト』
ヒース・レジャーがアカデミー賞助演男優賞を受賞した『ダークナイト』[c]EVERETT/AFLO

『メメント』の成功で、アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズという大スター共演の、不眠症の刑事が難事件に挑む『インソムニア』(02)の監督を任されたあと、『バットマン ビギンズ』(05)に始まる「ダークナイト」トリロジー(三部作)で、ノーランはそれまでのアメコミヒーロー映画を革新。2作目の『ダークナイト』は当時の全米興収で歴代2位を記録するなどヒットメーカーの立ち位置も築いた。

夢の世界を驚異的なビジュアルで表現し、観客に衝撃を与えた『インセプション』
夢の世界を驚異的なビジュアルで表現し、観客に衝撃を与えた『インセプション』[c]EVERETT/AFLO

その後も『インセプション』では、人間の夢の中へ入り込み、その潜在意識にあるアイデアを盗む…という、前代未聞のドラマで、夢の世界を驚異的なビジュアルで表現。『インターステラー』では超遠距離の惑星移動というミッションで、地球と宇宙旅行における時間の流れの違いを描き、エモーショナルな感動へとつなげた。続く『ダンケルク』では、非現実的ワールドが作風になりつつあったノーランにしては、珍しく史実を基にしているが、陸・海・空、それぞれの戦闘が映画では同時進行しているように描きつつ、実際の時間の進み方は異なる、という特殊な演出にチャレンジ。そして『TENET テネット』では、もろに時間が逆行する様子を映像化した。

『インターステラー』では、オッペンハイマーの授業を受けた物理学者の「ワームホール理論」を採用したというつながりも
『インターステラー』では、オッペンハイマーの授業を受けた物理学者の「ワームホール理論」を採用したというつながりも[c]EVERETT/AFLO

この流れからすると、たしかに『オッペンハイマー』は、ノーランの新たな方向性という印象も強い。オッペンハイマーの後年のドラマの一部が前半に挿入されるなど、多少の時系列のシャッフルはあるにせよ、基本的には彼の人生を時系列にたどっていくからだ。しかし“物理学者”と“時間”に関しては大きなリンクもある。『インターステラー』での宇宙旅行では、ノーベル物理学賞を受賞したキップ・ソーンの「ワームホール理論」が扱われ、同氏は映画のコンサルタントも務めた。キップ・ソーンは『TENET テネット』にも協力し、科学的考証から時間逆行の描き方についてアドバイスを与えている。そのキップ・ソーンは学生時代、オッペンハイマーの講義を受けた経験を持つ。ノーランは、ソーンとの密な関係から、量子物理学への興味を募らせ、オッペンハイマーにたどりついたのである。ちなみに今回、オッペンハイマーを演じたキリアン・マーフィーは、キップ・ソーンから生前のオッペンハイマーの思い出を聞き、演技の参考にしている。また、常に映画の新たなアップデートを追求してきたノーランにとって、自身の作家性をアップデートするうえで、『オッペンハイマー』に取り組んだとも推測できる。


クリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー』を映画館で観よう。

関連作品

  • オッペンハイマー

    4.2
    6582
    「原爆の父」と呼ばれたアメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマーを題材に描いた歴史映画
  • TENET テネット

    4.2
    7051
    『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が手掛けるサスペンス・アクション
    Amazon Prime Video U-NEXT
  • ダンケルク

    3.9
    1207
    1940年の史上最大の救出作戦、ダンケルクの戦いを描くスペクタクル・サスペンス
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • インターステラー

    4.5
    401
    クリストファー・ノーラン監督、地球の危機を救うべく宇宙に旅立つ男を描くSF作品
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu Netflix
  • ダークナイト ライジング

    4.2
    842
    クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演のシリーズ3作目
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • インセプション

    4.3
    145
    L・ディカプリオ、渡辺謙共演、C・ノーラン監督によるサスペンス・アクション
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • ダークナイト

    4.6
    55
    クリスチャン・ベール×ヒース・レジャー共演の新生「バットマン」続編
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • バットマン ビギンズ

    4.1
    23
    渡辺謙の出演も話題の、「バットマン」誕生を描くシリーズ
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • インソムニア

    3.7
    11
    C・ノーラン監督、A・パチーノ主演の犯罪ドラマ
    U-NEXT