ノックは無用:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ノックは無用
ノックは無用

ノックは無用

1954年4月28日公開,76分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「地球の静止する日」のジュリアン・ブロウスティンが製作するサスペンス・ドラマ1952年作品。婦人雑誌『グッド・ハウスキーピング』に連載されたシャーロット・アームストロングの小説『運命のいたずら』から「地上より永遠に」のダニエル・タラダッシュが脚色、英国出身のロイ・ベイカー(「暁の出航」)が監督した。撮影は「砂漠の鼠」のルシエン・バラード、音楽は「拾った女」のライオネル・ニューマンが担当する。主演は「拾った女」のリチャード・ウィドマーク、「アスファルト・ジャングル」のマリリン・モンロウ、「ゴールデン・コンドルの秘宝」のアン・バンクロフトで、以下「三つの恋の物語」のドナ・コーコラン、ジーン・キャグニー、エライシャ・クックJr.らが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マンハッタンのあるホテルのエレヴェータア・ボーイ、エディ(エライシャ・クックJr.)の処へ、姪のネル(マリリン・モンロウ)が頼って来た。彼女はパイロットの婚約者を飛行機事故で失ってから精神に異常を来した娘だ。ホテルに泊っている若いパイロット、ジェッド(リチャード・ウィドマーク)は同じホテルの酒場の歌手リン(アン・バンクロフト)と恋仲だったが、最近別れ話が持ちあがっていた。ホテルで新聞記者会議の晩餐会が開かれそれに出席するためジョーンズ夫妻が7歳の女の子バニイを連れてやって来た。エディはバニイの子守にネルを世話した。ネルはジョーンズ夫妻が会に出たあとバニイを寐かしつけ、夫人のドレスと宝石を身につけてひとりで踊りはじめた。そこへエディがあらわれ、彼女を叱りつけていった。彼と入れかわりに窓からネルの媚態を見て惹かれたジェッドが訪れた。ネルは彼が飛行士だと知ると急に頭の調子が狂い、彼を死んだ婚約者だと思い込んで接吻した。そのときラジオからリンの歌声が流れてきた。ジェッドはリンのところへ行こうとしたが、ネルは懸命にひきとめた。そこへエディが入って来た。ネルはジェッドをバス・ルームにかくしたが、エディはネルの落ち着かない様子を見て男がかくれていることを悟った。ネルはエディの頭を灰皿で打って昏倒させた。ジェッドがエディを介抱している間に、バニイがむずがりはじめた。ネルはバニイに猿ぐつわをはめ、手足をしばりあげた。エディが回復すると、ジェッドはリンの許へ飛んで行き、ネルとのいきさつを正直にうちあけた。リンは彼への愛情をよみがえらせた。一方ネルはジェッドがいないのに気づいてヒステリイを起こした。そこへジョーンズ夫人が戻って来てバニイの姿を見ておどろき、ネルにつかみかかったが、丁度駈けつけたジェッドが2人を仲裁し、バニイの縛をといてやった。エディはネルが精神異常者であることを皆に説明した。ネルはこっそり安全剃刀の刃をとり、自殺を計ろうとしたが、ジェッドが危く阻止した。ネルは警官に連れ去られていった。

作品データ

原題
Don't Bother to Knock
製作年
1952年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス極東
上映時間
76分
製作会社
20世紀フォックス映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?