『オクス駅お化け』で『リング』のスタッフを起用したミステリー・ピクチャーズ代表に聞く日韓のコラボレーションの未来|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『オクス駅お化け』で『リング』のスタッフを起用したミステリー・ピクチャーズ代表に聞く日韓のコラボレーションの未来

インタビュー

『オクス駅お化け』で『リング』のスタッフを起用したミステリー・ピクチャーズ代表に聞く日韓のコラボレーションの未来

現在公開中の『オクス駅お化け』は韓国の人気ウェブトゥーンを原作に、「リング」シリーズの高橋洋らの脚本によって映像化された日韓コラボ作品だ。本作をプロデュースしたイ・ウンギョン氏は、これまでにも城定秀夫監督の『ラブ&ソウル』(12)をはじめ、数々の日韓共同製作映画を手掛ける一方で、2021年には、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』の韓国側プロデューサーとして参加。さらに、2022年9月には日本、韓国の小説、漫画、映画といったIPとクリエイターたちを融合させて世界に発信していくことを目指し、「ミステリー・ピクチャーズ(ジャパン)」を設立した。同社が制作した記念すべき第1作目となった『オクス駅お化け』の企画の経緯、そしてそもそもウンギョン氏が日韓合作作品を手掛けるようになったきっかけから今後の待機作品までを語り尽くしてもらった。

「高橋洋さんの脚本に、子どもを数字で呼ぶ、体に爪の痕が残るなどの要素を新たにプラスした」

人気ウェブトゥーンを映画化した『オクス駅お化け』
人気ウェブトゥーンを映画化した『オクス駅お化け』[c]2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

ソウルに実在する地下鉄の“オクス駅”を舞台に描くホラー映画『オクス駅お化け』。原作は、2011年に発表されたウェブトゥーンの短編で、当時1億を超える閲覧数と高レビューを獲得した伝説のホラーウェブ漫画だ。

「2011年当時のオクス駅は、まだ開発もされていない昔の街のイメージでした。“人が死んでお化けが出る”という話が怖いと話題になり、子どもたちの間で流行っていました。私も姪から“おばさん、これ読んでみて”と薦められて知っていました。実は、友人のプロデューサーが原作者のホランさんと知り合いで、先に脚本を開発していたけれどいい脚本ができなかった。そこで、私が映画化の権利を買い取って、開発することにしたんです」と振り返る。

映画化に当たっては、当初からやるなら日本人のクリエイターで…という感覚だったというウンギョン氏。

「当時から韓国でもJホラーの人気があり、そんな影響もあって、映画館では夏になると日本のホラーを数本公開していて、日本のホラーならなんでも5~10万人の観客が入るような時代だったんです。そのころは、韓国でホラーを撮れる人といってもすぐ思い浮かぶ人がいなくて。最初に『オクス駅お化け』の映画化を考えた友人も日本人監督を考えていた。だから、『呪怨』(03)の清水崇監督や、『リング』(98)の中田秀夫監督、その脚本の高橋洋さんと名前が挙がって。2016年に清水さんから高橋さんを紹介してもらい、そこから企画が動いていきました」。

Jホラー的要素を多く取り入れた『オクス駅お化け』
Jホラー的要素を多く取り入れた『オクス駅お化け』[c]2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

映画『オクス駅お化け』は、バズらせることがすべての新米ウェブニュース記者、ナヨン(キム・ボラ)が、地下鉄のオクス駅で起きた人身事故にまつわる奇妙な目撃談を取材するうちに、得体の知れない恐怖に巻き込まれていくというストーリー。

「高橋さんには3回ほどソウルに来てもらって、オクス駅にも案内しました。原作がすごく短い話なので、高橋さんは原作の事件がさらに波紋を呼んでいく展開を考えて、日本の戦後に実際に起きた助産院でのおぞましい事件や駅での自分のトラウマなどを取り入れて脚本を作られたようです。ただ、高橋さんの脚本は、韓国のわかりやすい映画を好む観客にはちょっと難解だと出資者側から言われて。そこから少し時間がかかってしまって…。2019年に出会った『アパートメント』(06)などの脚本家イ・ソヨンさんと脚本直しをしました。ソヨンさんのアイデアで、子どもを数字で呼ぶ、体に爪の痕が残るなどといった要素を新たにプラスして。出来上がった脚本は、高橋さん6割、ソヨンさんが4割という割合です」

脚本家の高橋洋が列車恐怖症になった実体験も『オクス駅お化け』のモチーフのひとつ
脚本家の高橋洋が列車恐怖症になった実体験も『オクス駅お化け』のモチーフのひとつ[c]2023, MYSTERY PICTURES & ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

Jホラー特有の怨念や恐怖に、『人形霊』などKホラーを手掛けてきたチョン・ヨンギがメガホンを取り、映画は完成。韓国では2023年4月に公開されて初登場3位を飾るという快挙を達成し、成功を収めたと言っていい。


関連作品

  • オクス駅お化け

    3.3
    514
    オクス駅の人身事故の真相を追う二人の記者の周りで奇妙な変死が起こり始める
    U-NEXT
  • コネクト

    4.0
    2
    右目を奪われた男が移植先の連続殺人鬼と視界を共有されてしまうサスペンス
    Disney+
  • ドライブ・マイ・カー

    4.0
    1243
    村上春樹原作の同名短編小説を『ハッピーアワー』の濱口竜介がメガホンを取り映画化
  • ラブ&ソウル

    -
    0
    韓国にAV男優を探しに来たスタッフが繰り広げる騒動を描いた城定秀夫監督のコメディ
    Amazon Prime Video
  • アパートメント

    3.5
    0
    「ボイス」「コックリさん」のアン・ビョンギ監督のサスペンス・スリラー
    Amazon Prime Video
  • 呪怨

    3.2
    1
    新鋭・清水崇監督による超絶ホラー
    U-NEXT Hulu