「“鎮める”という感覚を世界が欲しているのではないか」日本映画初の偉業を成し遂げた『ゴジラ-1.0』スピーチ全文&受賞後インタビュー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「“鎮める”という感覚を世界が欲しているのではないか」日本映画初の偉業を成し遂げた『ゴジラ-1.0』スピーチ全文&受賞後インタビュー

イベント

「“鎮める”という感覚を世界が欲しているのではないか」日本映画初の偉業を成し遂げた『ゴジラ-1.0』スピーチ全文&受賞後インタビュー

日本中が沸いた、『ゴジラ-1.0』(公開中)の第96回アカデミー賞視覚効果賞受賞。授賞式では、山崎貴監督のほか、VFXディレクターの渋谷紀世子、CGディレクターの高橋正紀、コンポジターの野島達司が登壇。山崎監督が英語でスピーチを行った。

その前日、ロサンゼルスにある日本総領事公邸では、日本作品の関係者を招待したノミニーレセプションが行われていた。3月8日の第47回日本アカデミー賞で、『ゴジラ-1.0』は、最優秀作品賞、最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞を含む最多8冠に輝いた。だが、最優秀男優賞は『PERFECT DAYS』(公開中)の役所広司に、最優秀監督賞は同じくヴィム・ヴェンダース監督にわたっていた。

日本アカデミー賞でも最優秀作品賞を含む最多8冠に輝いた
日本アカデミー賞でも最優秀作品賞を含む最多8冠に輝いた[c]2023 TOHO CO.,LTD.

そのことを踏まえ山崎監督は、「(日本アカデミー賞授賞式の際)役所さんが、『これでちょっとゴジラの牙を抜いた感じがします』とおっしゃって、そのあと『ゴジラ-1.0』にも出ている安藤サクラさんが一緒になって『牙を抜いた!』と喜んでいて、監督賞はヴィム・ヴェンダース監督に持っていかれてしまいました(笑)。このまま牙を抜かれたままだと困ったなと思ったんですが、今回のゴジラは非常に再生能力が高いんです。最後にはまた牙が生えてきます!」と、訪米する直前に行われた日本アカデミー賞での一幕を引用し、笑いと希望に満ちたスピーチをおこなった。

『PERFECT DAYS』のヴィム・ヴェンダース監督と山崎監督
『PERFECT DAYS』のヴィム・ヴェンダース監督と山崎監督

一方、国際長編映画賞にノミネートされていた『PERFECT DAYS』のヴィム・ヴェンダース監督も、「私たちの映画がノミネートされている部門にはゴジラのような強力なモンスターはいませんが、私たちには最終兵器があります。世界の“演技モンスター”と言える俳優の、役所広司です」と、互いの作品を讃え、笑いをとっていた。

『ゴジラ-1.0』はノミネーションの段階から注目を集めていた
『ゴジラ-1.0』はノミネーションの段階から注目を集めていたAl Seib / [c]A.M.P.A.S.

1月に発表されたノミネーションの段階から、『ゴジラ-1.0』の日本映画初の視覚効果賞候補入りに日本中、そしてハリウッドが沸いていた。映画のキャンペーンで行われた上映会での質疑応答や講演会では、35人のVFXアーティストで作品を作り上げたことに同業者たちは感嘆の声をあげていた。そこで話されていたのは製作費の多寡ではなく、監督、脚本、VFXスーパーバイザーを兼任した山崎監督が思い描く完成形に、いかに効率的に近づけるかという創意工夫と、若い才能を伸ばす白組(『ゴジラ-1.0』のVFXを担当)の人材登用の話だった。折しも、2023年のハリウッドは63年ぶりにWGA(全米脚本家協会)とSAG-AFTRA(全米映画俳優組合)の契約更改をめぐるWストライキが行われた年。さらに、生成AI技術は日進月歩で開発が進み、VFX制作をめぐる働き方という面でも、『ゴジラ-1.0』と白組、そして山崎監督がハリウッドに伝えたメッセージが響いたのではないだろうか。

『ゴジラ-1.0』は35人のVFXアーティストの手によって作り上げられた
『ゴジラ-1.0』は35人のVFXアーティストの手によって作り上げられた[c]2023 TOHO CO.,LTD.
作品情報へ

関連作品

  • ゴジラ-1.0

    4.3
    8283
    国民映画「ゴジラ」シリーズを山崎貴監督で製作
    Amazon Prime Video